■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年10月19日

頑張れ、BBRT・高杉奈緒子!

昨日は、ツインリンクもてぎで、
全日本ロードレース選手権を観戦。

マシン作りの天才・バーニングブラッドRT・小園氏の応援。

JSB1000高橋巧選手、ST600稲垣誠選手、GP250高杉奈緒子選手の3人体制。
ちょっと高杉選手の話を。

高杉1.jpg

2輪レースは、男女区分がなく、体力的な観点から女性は少し不利。
しかも、高杉選手は耳が不自由で、マシン状態を音で判断する事ができない。
これは、レーサーにとってきつい。
しかしながら、高杉選手は、持ち前の明るさと人並み外れた努力で
耳をカバーしています。
シフト時期はタコメーターと音で判断するものだが、
高杉選は、メーター上に光るフラッシュを備えており、
音を光で補って、全日本という過酷なレースを戦っています。

ピットでマシンに乗りながら調整している姿は、
小柄ゆえにちっちゃく、
この小柄さで、パワーあるマシンを操り、腕力もりもりの男達とタメを張る姿には恐れ入る。
生活を切り詰めながらも、マシン命。
このメンタルの強さが、並外れている。

 

昨日は決勝7位。
高杉さんの本来の実力なら、もっともっと上位に食い込めるはず。
レース終了後は、他チームが帰った以降も、マシンの片付けをパートナーと。
これから大阪まで帰るのか、大変だよね・・・
しかし、本人はそんな事は苦労のクの字にも達しない。
それは好きなレースの一部であるし。

様々な壁を乗り越えながら、
とにかくTOPを狙うひたむきさ。
ファンが多いのもうなづける。

高杉2.jpg

今後も、高杉選手を応援しようと思います。
頑張れ、高杉奈緒子!



小園さん始め、スタッフの方々、皆さん御疲れ様でした。
次の鈴鹿も期待しています。
又、御挨拶させて頂いた他チーム・レーサーの方々、
主催関係者の方々、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PS・全日本ロードレース選手権、ちょっと改革が必要です。
   観客が少なすぎる・・・
   今に始まった事ではないのですが、このまま何も策を打たないと、
   ちょっと取り返しがつかない状態に成りかねない。
   変えなきゃ。
   Iさん、急がないとね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PS・スポンサーシップに関しては、全体的に少ない。
   かつて走る広告塔と呼ばれたマシン(2輪、4輪共)だが、
   放映無し・観客数わずかでは、効果面できつい。
   しかし、もっと別要素をスポンサーメリットにしたり、
   放映を工夫する事によって、まだまだ手術ポイントはある。
   華やかなモータースポーツに戻さないと。



posted by sports777 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

ソチを目指すスノーボーダー斯波正樹選手

先日、スノーボーダー斯波正樹選手のインタビューをしてきました。
(インタビュー記事はまた改めて紹介します)

待ち合わせ場所に電車に乗っていると、
目の前にかなりごつい体の若い男が座り・・・
うわあ、かなり鍛えてるなあ、どこかの用心棒かな?・・・
その後、電車を降りて、
時間に余裕があったのでスタバに行き、
その後、待ち合わせ場所に行くと・・・・
なんだ、目の前に座っていたのが斯波さんだったのかあ。

ごつい体をしている訳だ。

斯波正樹.jpg

斯波正樹選手は、スノーボード・ナショナルチームで、日本代表選手。
01年Jr世界選手権で優勝という快挙、
その後、08年ワールドカップ、09年世界選手権で日本人最高位のTOP戦績。
来年のバンクーバー五輪候補で、14年ソチ五輪でメダルを狙う選手。
狙うだけではなく、既に射程距離内に計算され尽くしている。

1年の半分以上を、海外遠征で過ごし、
スノーボード界では、海外での方が名が通っているかも。
しかし、今後、国内でも確実に名を上げることでしょう。

スノーボードは国内ではアマチュア扱いだが、
高いプロ意識を持ち、23歳と若いのに、
スポンサーシップを心得ており、
企業に対して、いかに貢献するかを描いている。
競技1本で生きていると、中々社会を知らない選手が多い中で、
高校卒業後のカナダ修行中に、様々な社会勉強をして、
移民達の中で、生き方を学び、社会環境を良く見ている選手。
メンタルが強い訳だ。
既に遠い先の人生設計も済ませており、
本当に23歳?と聞きたくなる位。

親戚が立ち上げてくれたバンクーバー向け後援会から支援金も得て、
バンクーバーに対しての準備は整った状態。
バンクーバーは挨拶代わりに名を広めて、
ソチで完全ブレイク=つまり、TOPを狙って行くと言う。
その話し方に説得力が有り、
テクニカル面よりも、メンタル面で、強さが伝わってくる。

◇公式サイト:http://www.masakishiba.com/index.html
◇ブログ:http://ameblo.jp/masakishiba

まずは、バンクーバーで暴れてほしい!
頑張れ、斯波選手。
皆さん、斯波選手の名前を覚えておいて下さい。
リアル金の卵ですから。

posted by sports777 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

太陽・人・生き方・心・未来

台風の余波=風が凄い・・・
関東近県の地上の電車が12時時点で不通の為、諦めて帰宅。
(都内・地下鉄は大丈夫のようですね)
風速25m/h以上らしく・・・

自然とはでかいものです。

環境系仕事をしていた為、地球環境は少しは勉強しているつもりですが、
最近、ハマッているのは太陽について。
地球環境保護も大事なのですが、
地球も太陽に生かされている立場ですから、
太陽環境保護という思想も必要になるでしょう。
と言っても、民はどうする事もできませんが。
46億歳の地球は、
遠い未来ですが、最後は太陽の肥大に飲み込まれる。
その前に、火星移住等が始まるはずですが
(既にNASAは、テラフォーミング等を本気で動かそうと研究していますしね)、
人は、どうしても目の前の事しか視野に入りにくい生き物。
経済社会・資本社会の中では、今生きる、寿命を全うする・・・ここが優先されるのは当然。
(だからミクロ的な視野になりがち)
しかし、もう少し目の前の時間軸を大きく俯瞰して、
皆がマクロ意識を優先するようになれば、そしてそれが社会全体に浸透したら、
経済も社会も何もかも変わる事でしょう。
マクロ観を常に持ちたいものです。

80歳寿命の人間に生きて、早半分が過ぎました。
後半は、さて、何を残すか・・・・改めて、やったろうじゃないかと。
最近、誕生日を迎えて、改めて、
太陽・人・生き方・心・未来を再考させられました。


PS・
ある方に接待して頂いた某所で、誕生日ケーキが出てきたのにはびっくり。
七さん、こんな若輩者に、おもてなしをありがとうございました。
日々、精進し、寄与できるように努力させて頂きます。

200910.jpg
posted by sports777 at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

クロスカントリー学生チャンプ

昨晩は、クロスカントリー(スキー)の学生チャンピオンにインタビュー。
(インタビュー記事は近日、別途、御案内します)

日大2年・小島佑司選手

http://ameblo.jp/kojiyuu2009/

律儀にリクルートスタイルで現れた小島選手はまだ大学2年生。
非常に頭の回転が早く、しっかりした考えを持っていて、とても大学2年生とは思えない。
テクニカルのみならず、学生チャンプを獲得する秘密がそこに隠されています。

2年生ながら、
競合大学の4年生・3年生選手を超えたパフォーマンスで勝負している点に着目。
将来のクロスカントリーを背負う選手の一人と予測しています。
無論、彼の目標は五輪。
学生時代からスポーツマネジメントを学ぶ姿勢で、
スポーツは情報戦という観点からも、1歩飛び出ている。

驚くのが、道具に頼らない勝負をしている点。
近年のクロスカントリーは、
メーカーからの最新モデルのテクニカル面でのアドバンテージが大きいとの事。
しかし・・・

摩擦低減のWAXは、学生でも50種以上持つ選手もいるのに、小島選手は数種類。
ストックは、大学によって多くの最新型を供給されるが、小島選手は16年前の型落ちモデル。
板に関しても同様で、とにかく道具に頼らない勝負で、勝利を獲得している点が素晴らしい。
16年前のストックって・・・・おいおいおい・・・

明確なパーソナル・サプライヤーを付ければ、
もっともっとタイムが上がり、戦績もキープできるはず。
競合大学の有利なレース環境(サプライヤーからの最新用品提供)に負けず、
非常に不利な状況で、体1つで闘っている。

 

小島選手のようなアマチュア選手は非常に多いですよね。
スポーツ(アスリート)の金の卵。
このような選手達こそ開花するべき。

それを支援する事こそ、真のスポーツ育成のはず。

用品・道具で勝負というと、どうしてもモータースポーツを思い浮かべる。
テクニックで勝っていても、金の掛かるマシンの状態が勝負を決めるケースが多いから。
イコールコンディション・レースと言えども、その差は出てしまう。

スキーは体1つの勝負と見る人も多いが、
やはり繊細な所で、道具のアドバンテージは、
テクニカル面を補っている割合はありますよね。

最新モデルをフル活用できない状況にも関わらず、
そんな事は、パワー・テク・精神でぶち抜く小島選手に注目。

(最新モデルを獲得できれば、鬼に金棒かな)
2014年・ソチ冬季、必ずや五輪活躍を現実化する事でしょう。
頑張れ!

 
posted by sports777 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

池本誠知選手、東京トレーニング

昨晩は、DEEPウェルターチャンプ・池本誠知選手と打合せ。
近日、インタビュー記事を掲載しますので、また別途お知らせします。

池本選手は、ある極秘トレーニングの為に東京に来ていたのですが、
夜スタートのインタビューはすんなり終了して・・・

おいおいおい、池本さん、もう外が明るいですよ〜
何軒、行ったんだろう・・・結構、呑みましたかねえ。さすが格闘家、底無しです。
↓ まだまだ呑み足らない池本選手・・・全く酔っていない・・・

池本誠知.jpg

朝まで呑んだ後でも、即トレーニングとは、さすがプロ。
今後のDREAM、DEEPの試合で、
色々な技が試されるようですから、皆さん御期待下さい。
KIDも須藤元気氏も押している、池本選手のトリッキーな技に注目。


女性会員が急増中という、池本選手の加圧トレーニングスタジオ「スタイル」
キッズ&ジュニア会員が定員越し人気という、総合格闘技スタジオ「スタイル
キッズ&ジュニア&次世代選手を育成する為の自主開催大会「MMA ZONE

posted by sports777 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

Sports Executive Consortium

昨年末からの下準備で、
今年初めから、スポーツビジネスに関わる経営者の方々10人程で、
スポーツビジネス研究会を毎月1回、開催してきました=「Sports Executive Network」

参議院議員・荻原健司先生、及び秘書の方々の御厚意によって、
会合場所に、参院会館を使用させて頂き、回数を重ねてきました。

9月16日、パワーUPの為に、クローズド会合から、オープン会合へシフト。
35名程の経営者が集まり、今後、内容を強化していかなくてはなりません。
これによって、名称変更(まだ仮称)=「Sports Executive Consortium」

090910_155956.jpg画像 026.jpg画像 024.jpg

目的は、
スポーツビジネスを推進する上での課題(情報・人脈・その他)を
皆で共有・解決する事と、
そこから生まれる考えが、今後のスポーツ法令に影響する場合は、
スポーツ政策提言にまで結ぶつけようとするもの。


スポーツビジネスにおいて人脈が広い潟宴Cトスタッフ・河島氏が中心となり、
今後も河島氏の情熱・周辺環境をバックアップして行くつもりです。
(河島氏ブログ:スポーツについて考える
Webサイトが完成次第、また、当ブログでも発表したいと思います。

スポーツビジネスに従事している経営者で、御興味のある方は、御連絡下さい。

研究会(直訳は連合体)ではありますが、
会合とは別に、参加者同士のビジネスコラボ等も発生していますので、
単なる勉強会ではなく、新たなビジネスを作る場としても、既に機能していますので、
(参加者同士がタッグを組んだビジネスが始まっており、売上向上機会を創出しています)、
どうぞ、皆様、御参加下さい。

posted by sports777 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

衆院選終了、次は2010年・参院選

衆院選終了・・・・・自119vs民308。
ついに政権交代、民主にとっては長年の願いを叶えた形。
民主はリベラルに作用するのか?
(中身は自民以上に保守と感じますが)
今後の動きに注目してみましょう。
今期で結果が出なければ、即、振り戻しですから。

スポーツという観点からは、
マニフェストに記載されていなかったが、
スポーツ基本法・スポーツ庁の件に関しては、どう反応するのか着目。
自民発の超党派で進めていて、直前に政局重視で民主が反対に回ったようなので、
今後、問いたいですよね。

次は2010年・参院選。
あと1年弱の間に、風は変わらない事が考えられるので、
(まあ、色々な仕掛けが現れるでしょうが、振り戻しは1年弱では無理なのでは?)
益々、自民にはきつい可能性が高い。
ドブ板を極めて、ネットを含めた空中戦をフル活用。
明日から、行動しないと。
今までと同じ動きではきついでしょう。
根本的な意識改革です。

頑張って下さい。
posted by sports777 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

假屋崎省吾氏プロデュース「Fiore」

スポーツ話題とは離れますが・・・・・

カリヤザキ.jpg


假屋崎省吾氏プロデュースによる、
プリザーブドフラワー専門ブランド「Fiore(フィオーレ)」が、
25日にオープンしましたのでお知らせします。
彼女、彼氏へのプレゼントとしてどうでしょうか?
生花でなく、プリザーブドフラワーなので、
水を与える必要がなく、数年はもちますよ。

やはり、一番格好いい「セレブLine」がお奨めです。
皆さん、よろしく御願いします。

・・・・
さあ〜、スポーツ事業に戻りますかあ。
posted by sports777 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

アスリートから闘魂注入される・・・

久しぶりの日記・・・

世界陸上が終了=いやいや面白かった。
ボルトの脅威はこの先も続きそうな気配ですが、
とにかく、あの過給機を積んだような加速は見ていて楽しい。
陸上素人にもわかりやすい圧倒さは、新たなファンを生んだはず。
青いトラックも定番になるかな?

女子走高跳ブランカ・ブラシッチの足の長さに驚き、
女子棒高跳エレーナ・イシンバエワが思うように伸びずにため息し、
100mではタイソン・ゲイにも期待したのですが、やはり・・・
とにかく陸上は、わかりやすい勝負で面白い。

又、昨日深夜は帰宅すると、TBSでK1甲子園の録画中継が。
HIROYA危うしという状況でしょうか。
年々、レベルが上がり、とても高校生とは思えない試合に驚いてしまった。
代々木第二体育館(収容3202人)にFINAL16で3182人動員できるのだから、
まずまずではないでしょうか。FINALが楽しみ。

 

昨日は、スポーツと関係なく、
某社の仕事で、某メーカー店舗の覆面調査だったのですが、
ブランディング不足とターゲット・ギャップが目立ち、
結果的にクライアントに対して、きつい評価を伝えなければならない仕事でした。

せっかく良い商品を販売していて、ファンも多いのですが、新規ファンが伸びない。
それは、その商品がいかに良いものなのか、他とは違うという点を伝えきれていない事。
これをアマ選手のスポンサー獲りに当てはめると、
自分は頑張っていますだけの主張ではダメで、
自分は他選手と何がどう違うと表現できなければならないのと同じ事になります。
全ての選手が頑張っているのですから、頑張るのは当たり前。
その1歩先を考えて、いかに自分に投資して頂くと、お得なのか?という点を伝達するべき。
その根本が、自分の売り込み方。
もっと根本を辿ると、自分のパーソナリティ→ブランドの作り方に関わってきます。

又、ターゲット・ギャップというのは、
例えば若年層に販売したいのに、売り場は高齢者が多い場所にあるとか・・・
初期マーケティングの判別違いによって起きた状況と思われますが、
これをアマ選手のスポンサー獲りに当てはめると、
誰(どの企業)に依頼すればいいのか?
何を売ればいいのか(どんなスポンサーメリットを提示するか)?・・・という基礎が重要という事。
非常に基礎的な確認作業なのですが、やはり5W1Hが明確でないと、結果がブレます。
そんな事はわかっているという人ほど、
それを明確に答えられないケースが多いですよね。
頭で考えるだけでなく、紙に書き出してみる。
自分で自分の弱点が見えてくる場合がありますよ。
原因がわかれば、もう簡単。そこを修正するだけで、パワーアップが図れます。

いつも、当ブログを読んで頂けているアマチュア選手には、
スポンサー獲りのスキルアップを目的にするのではなく、
何かしらを習得して、それを実行し、スポンサー獲得という結果を出してほしいですね。
頑張って下さい!

さあ、今日は打合せ漬けかあ・・・気合い入れないと。
(気合いだけは、アスリートには負けられないですから)
9月には、当ブログで発表したい事が2つあり、その準備を詰めないといけないのですが、
Sさん、遅れていてスミマセン。
諸作業を片付けて、夜には準備作業に戻りますから、もう少し時間を下さい。

posted by sports777 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

DREAM.10 ウェルター級GP観戦

DREAM10.jpg図1.jpg

HEIWA DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009決勝戦
マッハが準決勝で敗れる波乱、GP優勝はザロムスキー
マッハ壮絶に散る……“妖刀”ザロムスキー初代王者に

昨晩、池本選手の応援で、DREAM.10を観戦。

さいたまスーパーアリーナは、冷房の効き過ぎで寒い4時間でした。
試合の方は波乱があって、熱かったのですが。

まず、池本選手は判定負けで残念。
ダブルパンチ、エアハンマーでアグレッシブに向うも、ホワイトキャットは出ず。
試合後の連絡で・・・足を怪我したようですが、
今後は日常生活から変革して出直すとの事なので、次回に期待。
今回は東京組だけで残念会として呑む。
大阪応援隊は、7時間かけて車で大阪へ・・・
トモローさん西田さん、お疲れ様でした。
(林君、K-1参戦、期待してるよ)

会場の沸きは、マッハ選手への歓声が一番でしたが、
なんとザロムスキー選手の左ハイに崩れ・・・
ザロムは決勝でも、右ハイで決めて、そのままウェルター優勝。
うーん、まさしくダークホース。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇メルヴィン・マヌーフvsパウロ・フィリオ
  マヌーフのパワーファイト一色で圧倒かと思われたところ、
  パウロの逆転腕ひしぎ。これは痛快、面白い。

桜井“マッハ”速人vsマリウス・ザロムスキー
  マッハ有利の中で、ザロムのパンチで左目尻出血・・・
  ドクター止めるなよとの会場の思いが通じましたが、
  ミルコばりの左ハイをもらってしまい、パウンドを受けて散る・・・
  何とも言えない嫌なムードに。

アンドレ・ジダvs菊野克紀
  世界のTK=アライアンスの菊野選手は三日月蹴りからパウンドへ。
  殺気を感じる間合いから、サムライ・武士道を感じる。
  DEEPライト級チャンプは要注目。

◇マリウス・ザロムスキーvsジェイソン・ハイ
  またまたミルコのようなザロムの右ハイで、ジェイソンは失神。
  あごが割れたか?・・・と思わせるクリーンヒットで、ザロム強し。
  初戦・池本選手に判定勝ちのザロムが、2試合KOで優勝とは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーシップ関連については、
今回も、前回同様に外人選手の「FULL Tilt」が目立っていましたね。
メルマガにも書きましたが、「FULL Tilt」のスポンサードは面白い。
大会協賛でなく、あくまでも複数選手協賛に打って出てくるとは、
要チェックですね。

その中で、青木選手のみ日本人選手で「FULL Tilt」を背負っていました。
スポンサーのマントがヨーロッパの企業の為に、そちらルートでの仲介か?
まだ詳細を聞いていませんが、
外人選手が皆マントを使用している訳ではないので、
日本人選手は要チェックです。スポンサードの枠があるはずです。
(格闘技に限らず、他競技種の選手もチェックしておくべきですね)






posted by sports777 at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。