■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2018年01月04日

金の掛かる競技種程、富裕層のみが生き残る現実を打破するにはどうする?親が学ばなくてはならない

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/14111957/
■概略
高橋大輔氏が負け続けたライバルも直面・・・フィギュアの厳しい金銭事情
男子フィギュアのバンクーバー五輪・銅メダリスト、高橋大輔氏が
小学生時代に1度も勝てなかった元ライバルが、フィギュア界の厳しい現実を語った。
3日TBS特番「消えた天才 一流アスリートが勝てなかった人大追跡」に出演した
山岡大祐さんが、金銭的事情で競技フィギュアを断念せざるを得なかったことを明かした。


小学生当時に高橋と2人で出場した際の勝率は10 試合前後で
「全部私が勝っていたと思うので率でいうと100%」と語った。
結果も残し、本人も「好きで好きでたまらなくて、ものすごくのめり込んでいた」と語る
フィギュアを辞めざるをえなかった理由は、金銭的な負担が大きすぎたことだとした。
リンクを貸し切ったり、コーチをつけたり、振り付けを依頼したりすることなど
様々な要素から年間1000万円がかかると紹介された。
---------------------


必ずしも、強い者がステップアップして、強く成れるとは限らない
スポーツの世界を示している事例。
金の掛かる競技種程に、このようなケースが多いと言える。
フィギュアよりもっと金の掛かるモータースポーツでも同様。
(モタスポ英才教育も、小学生でも1000万掛かるし、その後、
 中高大の年齢でFormulaへ行けば、数千万・億が掛かる世界が待っている)
キッズ&ジュニアで1番でも、家庭の経済状況でそれ以上カテゴリーアップできず、
富裕層家庭の10番の戦績者が、金を掛けてカテゴリーアップして生き残る世界が今もある。
昔は、今以上にそれが如実であったろう。

ゴルフやバレエや、他にも金の掛かる競技はあるが、
上記のような課題を解決するには、
親がスポーツに関する資金調達の基礎を学ばなくてはならない。

多くの親が、「運」任せのスポンサー探しをしているのが現状で、
(そもそも、金持ちの親はスポンサー等は不要で、これを求める親は、
 一般家庭の親であり、子の強さばかりを求める一方で、周辺環境の
 情報収集が遅れているケースが殆ど。)
「戦略的」なスポンサー探しを教える者が皆無。

クラブやチームの監督・コーチは、技術の指導者であっても、
資金調達の指導者では無く、指導する事は出来ないのが殆ど。
よって、キッズ&ジュニアの父兄で、
将来、息子・娘を世界クラスのアスリートに育省したい、と考えている両親は、
是非、アスリートエールに来てほしいです。
http://www.athleteyell.jp/
セミナーか個別面談で、ノウハウを伝授します。
posted by sports777 at 04:14| Comment(0) | サポート&コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。