■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2015年08月31日

実業団選手は企業の看板を背負っている事を忘れるな、企業サイドもビジネス同様の管理をすべき。

■ソース(SportsNavi 2015年8月26日)
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201508260004-spnavi
陸上・世界選手権(中国・北京)男子5000m予選
旭化成選手「なんかもう、帰りたいです」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース(スポニチアネックス 2015年8月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000039-spnannex-spo
陸上・世界選手権(中国・北京)女子マラソン
ダイハツ選手、報道陣に呼び止められても「すみません」とだけ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース(産経ニュース 2015年8月28日)
陸上・世界選手権(中国・北京)走り高跳び予選
AGF鈴鹿選手「もうちょっと自信を持っていけば良かった

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

なんだこれは?

部活の延長でやっている訳では無く、
日の丸を背負って戦っているのだから、これは無いでしょ。
世界選手権なので遠征費は陸連100%負担らしいじゃないですか、
そこには、国から落ちてきた金も入っている事でしょうよ。

大きな予算を持つNFなのだから、メディアトレーニング位、したらどうですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・
選手は勝つ事もあれば負ける事もある、だから技術面には口を出せない。
それ以前の話をしているつもりだ。
もう少し、社会を意識した発言できないのかなあ、と思わざるを得ない。
(同じ日本人から応援されている、見られている、というプロ意識が無いのかなあ。
 陸上のようにTV中継の無い超マイナー競技選手だって、
 もっとまともな発言できるよ(笑)
 自分の発言が所属会社のブランドに直結している事を判ってる???)

実業団選手として、
自分の所属会社のブランドを背負っている事を理解できてるのかな?
と言いたいけど、選手を責める訳にはいかないよね、
そういう事を教えられていないのだから。

・・・・・・・・・・
じゃあ、どうすればいいの?

まず、代表選手を管理するNFが、
プロ意識の指導とメディアトレーニングをしてはどうですか?

それと、所属会社の広報部だか総務部だか経営企画部だか
ブランド・レピュテーション・コンプラ対策の一環としても、
所属選手全員に、対ステークホルダーという点を指導してはいかがですか?

胸に看板出してる名立たる大手企業は、
多額の広告費・PR費を使って商品販売に繋げる。
対社会という側面では、社会貢献やコンプラに力を入れてCSRレポートにまとめる。

実業団スポーツは、いつもこの2つ(売上向上・ブランド向上から成る本業)から外れている(笑)
実業団スポーツは、社員士気を上げるもの?福利厚生?宣伝ツール???
いずれの目的でも、ステークホルダーに直接触れているものですよ。
キチンと活用すれば、SRI対策にも活きるのに、
実業団のブランドをしっかり管理している事例をあまり聞いた事が無い。
だから所属選手も野放しにされる。

日の丸を背負う特別な人材なので一般社員とは違う?
アマチュアなので自由にやらせる?
うーん、御社の潜在顧客も視聴している訳だから、しっかり管理するべきでは?
もったいない。


・・・・・・・・・
ちなみに、うちのマネジメント選手が、記事のような発言や行動をしたら、
社会に対して土下座させます。教育不足でしたと、自分も土下座します。
(そうならないように、悪者になってでも、ちくちくうるさく事細かく伝えているつもり、、、)

ちなみに、アスリートエール登録者900人は全員を管理できないので、
資金調達セミナー出席者には、プロ意識の一部を教えているつもりです。
だから、JOCとは別の教育機関が必要なんだよなあ、竹田さん、森さん。
もう1度、プレゼンに行くかあ。

posted by sports777 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425112009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!