■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2014年07月14日

JSCの五輪競技限定のアスリート助成金(NF推薦のみ→JOCが推薦可否判断→JSC送金→選手入金)

■ソース(毎日新聞2014年07月05日)
JSC:アスリート助成の研修会 トップは年240万円
日本スポーツ振興センター(JSC)は5日、選手のみを対象に活動費などを支給する「アスリート助成」に関する研修会を東京都内で開き、選手ら約90人が受講した。

助成は昨年度下半期から実施され、国際的な活躍が期待される「トップアスリート」は年240万円、2020年東京五輪で活躍が期待される「ユースアスリート」は年60万円を受給する。今年度はトップアスリートが124人、ユースアスリートは206人が助成を受ける予定。JSCによると、財源のほとんどはサッカーくじ(toto)から充てられる。

最近では競技団体の補助金の不正受給が相次いで発覚しており、今年度から始まった研修会は法令順守を推進する一環。受講者はJSCから助成金の交付要件や手続きなどの説明を受けた。受講した女子レスリングの吉田沙保里(ALSOK)は「研修会があることで深く分かるし、失敗が少なくなる」と話した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NF通しだと、不正・不祥事が起こるから、
JSCからJOC推薦選手に直接助成する、という事かな。
しかし、JOCは、NFから推薦させてるなあ。
ここでまた利権が生じる事故が生まれているんだろうな(笑)
有名選手でも無名選手でも、NFを良く言う選手と会った事が無い。
(まあ、恩恵を授かる選手は口にしたくてもできないだろうが)

このNF推薦→JOC推薦→JSC助成→選手
という流れは、一見、良い仕組みと思われがちですが、
ここにも第三者機関をキチンと入れるべきでは?

財源が税金ではなく、totoだからいいってもんじゃない。
totoを買った人の「気」が入っている金だよ。
totoはJSCの一商品であり、利益の一部を計上している、という視点では、
選手にとって、スポンサーという側面のJSCからの「協賛金」と捉える事もできるし、
その一方で、
正論的には、独立行政法人のJSCからの「寄付金」と捉える事もできる。
税金とは違った性質ではあるが、
いずれにしても、原資は、toto購入者が作った金。
この手の金は、キチンと扱われるべき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トップ240万*124人+ユース60万*206人
=¥2.976億+¥1.236億=¥4.2億

そもそも論ですが、
独立行政法人であるJSCの目的の主たるが、「スポーツの振興」。
http://www.jpnsport.go.jp/corp/gaiyou/tabid/61/Default.aspx

上記のような話が、何故、五輪競技に限られるのかが不思議。
五輪競技選手は、非五輪競技選手よりも、これ以外のあらゆる面で有利。
スポーツ全体のセイフティネット的な機能として、
非五輪競技にも開放すべきだ。
(今度、直接、言ってみようっと)
posted by sports777 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!