■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2014年02月09日

世界100位以内に入らないとスポンサーは付かない???

つい先日も、某選手から相談された。
これまで親の投資で競技を続けてきたが、家計が破綻して、
もうサポートを依頼できない。
で、企業スポンサーをどうしても獲得したいと。
しかし、コーチに相談したら、こう言われたと言う。
「世界100位以下で、スポンサーなんて付く訳がないだろ、動くだけ無駄」と。

おいおい、またか・・・

コーチや監督から、この手の指摘をされるケースがスポーツ界では多い。
特にテニスが多いですね。
おいおい、コーチさん、監督さん、それはあなたの過去経験からの話でしょ?
と笑い飛ばす。
そりゃあ、一部上場企業の個人協賛を受けるのは難しいですわ、
TVにガンガン露出されて、メディアにチヤホヤされるレベルこそ、
スポンサーが沢山付く、それ以外は皆無、のように見る人もいる。
じゃあ、その過程にいる選手は、
企業スポンサーを依頼する事さえ、諦めろって言うのか?

上場企業の1000万単位をポンポン獲るのは確かに難しいですよ。
しかし、超マイナー競技のアマチュア選手でも、1000万単位を得ている選手はいますよ。
例え、TV露出の無い競技でも。

仮に1000万を要する、だから上場企業しか有り得ない、
上場企業なら、世界100位位までの戦績でないと投資してくれない、、、、
といった思考回路になっている監督・コーチが意外と多いのですが、
じゃあ、中小企業200万*5社じゃダメなの?
じゃあ、後援会で1000集めるのはダメなの?

(テニスの場合はワッペン1社というケースが殆どなので、更に高額になると、
 実業団的な発想での協賛企業を望む選手・感得・コーチが殆どだけど、
 本当にそれしか解決方法が無いの???あるんじゃないですかね。)

失礼ながら、監督・コーチは競技技術上の先生であり、
資金調達のプロでは無い。
競技上の関係が長い程に、監督・コーチの言う事が絶対、、、、と考える
アスリートもアスリートの家族も非常に多い。

一度、そのように言う、監督・コーチを連れて来て頂きたい。
アスリート以上に、徹底的に手法を教えます。
TV中継競技で無くても、五輪競技で無くても、
一般認知されている競技なら、そんなに難しく無い。
(競技そのものが判らん、と言われる競技は少し時間を要しますけどね)

監督・コーチが間違った知識を選手に伝えたらまずいですよ、スポーツ界。
posted by sports777 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387824926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!