■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2013年04月11日

速くても金が無ければシート確保できない=スポーツじゃない→仕方ないから対策を練る

■ソース(Topnews2013年04月11日)http://www.topnews.jp/2013/04/11/news/f1/others/fia/85141.html
■概要
F1にはペイドライバーが多すぎるとFIA会長
F1統括団体FIA(国際自動車連盟)会長が、スポンサー資金を持ち込むことで
F1シートを得る「ペイドライバー」が増えていることに対して警戒感。
ペイドライバー自体は昔からモータースポーツ界に存在しており、
スポンサー資金を集める能力や魅力も含めてドライバーの才能だとする意見もあった。
しかし、世界的に不況が続く中、
F1界では実力不足とも批判されるペイドライバーが増えており、実力を評価されながらも
チームの財政が厳しいため、ペイドライバーにシートを奪われるドライバーも多くなってきた。

こういった現状に対し、トッドは次のように苦言を呈している。
「全体の半分のドライバーが資金の持ち込みを求められるのは尋常じゃない」
「F1はモータースポーツの頂点に立つものだ。だから、ドライバーがF1で走るために
それほどの資金を集めなくてはならないというのは正しいことではないと思っているよ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにモータースポーツはおかしい。
F1だけでなく、下のカテゴリーでも同様の事が言えて、
1番速い奴が上に登れず(スポンサー獲得できずに)、
2番〜10番でも金があればステップアップできるって、そりゃスポーツじゃないよ。
名前は挙げないが、日本のレーサーでも多いですよね、この事例は。
悔しい想いをしている真に速いレーサーはいくらでもいる。
金で戦績を作って、スポーツと言えないでしょ、とか、
速い奴を潰す仕組みがある事も納得できない。

しかし、この時代、こえらをひっくり返すには数十年掛るかもしれない。
真に速いレーサーは、これを乗り越えなくてはならない。
だからこそ、速さと同時に、スポンサー獲得技術はレーサー自ら身に付ける事が必須。
知識だけでもいい。
知識さえあれば、後は周辺に作業を指示する事もできるのだから。
(基本知識の無い状態で周りを頼るレーサーも多いが、、
 知識があれば、うまい話に乗っけられて結果的に悪い結末を迎える事を避けられる。)

マシンをフルカラーリングするから1億下さいとか、
将来有望カテゴリーに行くから金が欲しいとか、
そんな曖昧な交渉じゃ成約しないですよね。
(だから、中長期でスポンサーを得るには、じっくり基礎固めが必要。
 基礎無くして、応用無し。)

逆に言えば、戦績下位でも(1番じゃなくて1番でも)、
スポンサーを得られれば、ステップアップできちゃう、、、、という事ですよね。



posted by sports777 at 15:14| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
速いドライバーを潰すシステムとはどんな事ですか?
Posted by 山内祐治 at 2013年04月11日 21:01
山内さん、電話の通りです。
Posted by sports777 at 2013年05月18日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!