■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2013年02月23日

スポンサーシップと損害賠償

■ソース(ロイター2013年 02月 23日)
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE91M00G20130223
■概略
自転車=米政府がアームストロング提訴、スポンサー料「詐取」
米国政府は22日、自転車ロードレース元選手、ランス・アームストロング(米国)が、
禁止薬物を使用していた時期に米国郵政公社からのスポンサー料を騙し取ったと、
損害賠償訴訟に参加すると発表。

アームストロングは自転車競技からの永久追放処分を受け、ツール・ド・フランス
7回優勝のタイトルをすべてはく奪された。
1月テレビ番組で過去の薬物使用を告白し、容疑が真実であることを認めた。

裁判で米国政府と争う事で、アームストロングのかつての名声がさらに地に落ち、
金銭的にも痛手を負う可能性がある。

ワシントンの連邦検事は声明で、提訴は米国郵政公社がアームストロングの
所属チームに支払った何千万ドルというスポンサー料を取り戻す事を目的とコメント。
米国政府はスポンサー料の合計額を3000万ドル(約28億円)以上としている。

アームストロングの弁護士は、「米国郵政公社の調べによると、同公社はスポンサー
契約により合計1億ドル以上もの大きな収益を得た」とし、
同公社が実際には損害を受けていないと主張。裁判で争う姿勢を示した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アマチュア選手にとって他人事とは言えない、キッズでもアマでもプロでも有り得る事。
スポンサーシップの基本的な仕組みや意味を、
選手が、そして周辺関係者が理解していないと、こういう事が簡単に発生する。
アスリートは、金さえ受け取れば競技資金が潤い、全てが自分中心の認知で、
スポンサーシップの意義や責務を忘れるケースが少なく無い。

上記の訴訟結果は現時点で正直読めない。微妙な争いになるのでは?
(協賛金受け取り時の状況、効果の有無の読み方で、契約書のどこを優先させるかで、
 判断結果が異なる可能性が読めるから)
ただ、結果がどうであれ、
スポンサーシップを結ぶという事は、そこに契約書が存在する訳で、
全ては契約書の記載事項が最優先である事は、
TOP有名選手だろうが、無名アマ選手であろうが同じである。

寄付金と協賛金の違いも分からないと、
スポンサーシップの協賛金を寄付金的に受け取り、金をもらってしまえば終わり・・・
そういったアスリートも周辺関係者も多く存在するから、スポーツ界は怖い。
結果的に、それは自分に跳ね返ってくるのに、そのリスクを知らない。
受けた協賛金額以上の損害賠償を請求される事もあるのに。

例えば、
契約書に記載しているスポンサーメリットを1つでも怠った、
契約期間中に根回し無しに引退、
スポンサーロゴを背負いながら、格闘家が素人相手に喧嘩で殴ってしまった、
不祥事に関わって警察沙汰になった、
奥さん・恋人にDVをしてしまった、
こういった類は、契約書の約束事を守らなかったという事に通ずる。
スポンサーロゴを背負うという事は、企業のブランドを背負うという事であり、
社会的責務を負う。
選手の行動・発言は、スポンサー企業の代理行動・発言とも受け取られる事がある。

アスリートは、スポンサーシップに関して、契約書を良く読んだ方がいい。
分からなかったでは済まされない社会常識だから。




posted by sports777 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。