■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2012年05月09日

サッカーとF1のパートナーシップが生むもの

■ソース(2012年4月30日)
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=40620
http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/77257.html
■概略
ザウバー、チェルシーとのパートナーシップを発表
ザウバーがイングランドプレミアリーグのチェルシーFCとの新たなパートナーシップを発表。

パートナーシップを発表したザウバーは、リリースにてこの関係を次のように説明。

 「(パートナーシップには)商品の販売やスポーツ科学の分野における知識の交換を含む。
 両パートナーはそれぞれのロゴによってお互いをサポートし、
 それぞれのスポーツ外にある意義深いマーケットに現れることで利益を得るだろう」

チェルシーのロゴはスペインGPで初めてC31のマシンにお目見えする予定。
ザウバーCEOはチームがこの機会を得て活気づいていると話した。

 「F1とサッカーの間でかつてこのような形のパートナーシップは存在したことがないものの、
 数々の共通点や相乗効果の可能性を秘めています。
 ザウバーF1チームとチェルシーFCは多くの同様なスポーツおよび商業面のテーマを
 扱っており、これらの分野で互いに強化することを望んでいます。」

ザウバーのロゴはチェルシーのホームゲームやスタンフォード・ブリッジの
インタビューボードに掲示される予定。

 「かつてない形でフットボールクラブとF1を結びつける革新的なパートナーシップであり、
 世界最大のスポーツの二つを引きあわせて、われわれのファンを一体化するものだ。」

 「このパートナーシップはユニークなコマーシャル機会の可能性と共に我々双方に
 大きな利益をもたらすだろう。世界で最も魅力的な二つのスポーツを結びつける共通のビジョンだ。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは凄い!
サッカー*F1・・・・・有りそうで無かった手法だ。
確かに、色々な展開が予測できる。
新たなスポンサーを引っ張る事は容易かもしれない。
うーん、やられたな、こういうのを提案しなくちゃいけなかった。
恐れ入りました、、、
(仕掛けはどこかな?)

これは他競技にも展開できますね。
タッグの作り方によっては、マイナー競技を押し上げる手法になるかもしれない。
色々想像できてしまう。



もっと書きたいが、もう眠くて限界、仮眠するのでまた今度・・・

posted by sports777 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!