■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2012年04月09日

五輪関連プロダクトをもっと増やすには

■ソース
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20120405ddlk33040550000c.html
■概略

岡山のジーンズで日本のアスリートを応援しよう。
ジーンズの製造・販売会社クラクション(倉敷市中庄)が日本オリンピック委員会(JOC)
公式ライセンス商品の「5COLOR BLUE JEANS」を発売。
五輪のマークに使われる赤、青、緑、黄、黒を裏側に配したジーンズ。
マークを使うための契約料は選手育成事業に活用される。

 

裏側に横糸の色が出やすいデニム生地の特性を生かし、インディゴブルーの縦糸と
5色の横糸で織り上げた。ベルト部分の皮のラベルには、JOCのマークと
「JAPAN OLYMPIC TEAM SUPPORTERS」の文字が焼き印してある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これかあ。
http://www.klax-on.net/
http://www.klax-on.net/j2012.html

マーク使用契約料が、予測売上数からの単価¥18900当り%が不明ですが、
先行で使用料を払う形でも、CauseRelatedMarktingの一環とも言える。

http://denim-japan.blogspot.jp/2012/03/5-color-blue-jeans.html
メーカーからのFAXリリースで報道も入ったようですが、
JOCサイドももっとPRすればいいのになあ。
社団・財団・中間法人は、WWF同様、マークonly等の商標権利ビジネスではなく、
もう少し関係企業に歩み寄った販売協力をした方がいいのでは。
その商標の力が大きい程に、企業サイドの利益追求心が大きくなるのも確かだが、
源が鰍ネらまだしも、社財団系なら、
もっと資金拠出社に優しい(メリットのある)対応でも良いのでは。
(つまり、商品販促にもっと協力的になれば企業も喜び、
 資金提供社も増える可能性がある、ということ。これは、他NPO・NGO等の事例で判る。)
会長に提案しよっと。


WWFの場合のライセンス規定
http://www.wwf.or.jp/corp/fin/lic/
(昔はもっと詳細に情報公開していたと思うのだけどなあ)



posted by sports777 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!