■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2012年01月12日

スポーツ投資の上向き国

■ソース
http://jp.forexmagnates.com/2012/01/11/forex-brokers/2209
■概略
FXブローカーのFX Primus社は、初のマレーシアF1チーム『FXPrimus Aylezo』を結成。
この新しいチームは世界大会でのマレーシアの存在感を高め、
マレーシアが新興成長市場である事を示している。

このところFXブローカーがスポーツスポンサーに付く事が多く、
FXPro社、MIG社、XTB社、FXDD社を始めとするブローカーは競技場に自社ブランドを掲げてきた。
一般的にスポンサー料金は年間100万ドル以上と言われている。

マレーシアのレーシングチームは、モーリシャス拠点の投資会社「FX Primus社」が
スポンサーとなり、Tactix Tools社、EcoTint社、Motorsport Playground社、
Sol Helmets社等数々のマレーシア企業と並ぶ。
かつてない不景気に直面しているにも関わらず、
アルパリ社は最近バスケットボールチームのニュージャージーNETSとのスポンサー提携を
発表する等、ブローカー達はスポーツマーケティングに資金を投入し続けている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本ではスポーツスポンサーシップが冷えた傾向にあると言えますが、
アジア圏では、やはりマレーシア・中国が上向き。
ちょこちょこ現地情報を聞きますが、
上記のFX関連に限らず、発展的な交渉事例を聞いているので、
海外にも目を向けないといけない。




posted by sports777 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!