■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年07月23日

スポンサーシップの目的・狙いを先行予測

スポーツ・スポンサーシップnews、更新しました。
このサイトでは、報道発表があった協賛案件、
又、情報持ち込み案件を簡潔に羅列しています。

サイトの目的は2つ。
1つは、ビジネス向け。
スポーツ団体のスポンサー営業マンや広告代理店マン、
そして、企業宣伝部・広報部の方々に、贔屓競技種以外にも、
全般的にスポーツスポンサーシップ情報を認知して頂く為。
もう1つは、アスリート向け。
不況下でも、これだけスポンサーシップが動いており、
プロ・メジャー競技以外にも協賛契約はたくさんある、
という状況を知ってほしい、、、そんな目的で情報をまとめています。
(まだまだ、情報が少なすぎますが・・・)
この2つの目的の先は、
スポンサーシップ普及というミッションに向かっています。

という前置きをして、、、、

多分、気付いた方も多いと思いますが、
最近、ECCさんが、Jクラブの広告掲載契約を広範囲で締結されています。
北海道・東京・名古屋・大阪・・・

 ・ECC、コンサドーレとスポンサー契約

 ・ECC、セレッソとスポンサー契約

 ・ECC、ヴェルディとスポンサー契約

 ・ECC、グランパスとスポンサー契約

ECCさんは大阪発の企業さんながら、大きく全国展開されており、
教育事業だからこそ、若者との接触機会利益の向上は、
顧客開発上、必須ですから、
キッズ年代から人気で、若者人数が集まる競技=サッカーは、
スポーツ投資対象として有利ですよね。

ただ、胸や背中のドカンと1発・高額協賛ではなく、
少額の分散型を選択されています。
当件にエージェントとして動いた訳ではないので、
現場レベルでその真意を聞いた訳ではありませんが、
そこには、分散型を選ぶ明確な意思があり、
狙いが見えます。

企業のスポンサーシップの目的は、皆、似て非なるものであり、
1社さんごとにニーズを吸い取り、それに則した、
メニューにない商材(スポンサーメリット)でさえも、
カスタマイズ提案営業すれば、成約確率は上がる。

例え不況下でも、
そういった狙いに則した提示ができれば、相対的な減少が目立つ時代でも、
少ない絶対数を掘り起こせる、という事が言えます。
ECCさんの事例は、そのニーズや狙いが、結果から読めてくるので、
当ブログ読者のアマチュア・アスリートも、
スポンサー開発面での情報武装時に、
ニーズや狙いの掘り起こしを、
先行で予測する癖をつけておいて下さい。



posted by sports777 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!