■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年07月21日

ブリヂストン、冠スポンサー契約取消し・・・ん?

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000004-rps-bus_all
■概略
ブリヂストンが冠スポンサー開催すると発表したロシアサッカー協会主催の
「2011/2012シーズンロシアカップ」について、
ロシアサッカー協会がピレリを冠スポンサーとすると発表した。
ブリヂストンは7月15日にロシアカップの冠スポンサーに決まったと発表したが、
同日にロシアサッカー協会が冠スポンサーはピレリに決まったと公表。
ブリヂストンは「ロシアサッカー協会から正当な権利を得たロシア側代理店と、
ブリヂストン側広告代理店とが契約を結んだ」ものの、
この代理店から契約破棄を通告された。
すでにロシアサッカー協会は2011年7月4日に現地メディアに向け今後の大会名を
「ブリヂストン・ロシアカップ」にするとの通知を発信していたことを明らかにした。
ブリヂストンでは「今回これと異なる内容をロシアサッカー協会が発表したことは
遺憾であり承服できませんが、当社としてのスポンサー行為については、
これを行使できる状況にはないと判断」スポンサーは断念した。訴訟などは未定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、海外は怖い。
契約書があるでしょうから、訴訟はブリヂストンさんが勝てると思うのですが、
一度、発表しておきながら、契約破棄ってどういう事?
しかも、同業種ライバル企業、、、
有り得ないでしょ。
(報道には出てこない色々な諸事情があったとしても、
 一般社会からの目線で見れば、どう考えても有り得ない。
 今件、裏事情等は入手していないので、一般の目線で書いています。)

正当な権利を持つ所がこれじゃ、何も契約できない。
そもそも、契約って何だっけ?という事になる。
有り得ない、、、、

スポーツ以外の案件で、少し似た経験もしているので、
海外案件は何が起こるか判らないので怖いです。
特に契約関係は。

スポーツ・スポンサーシップ・ニュースも、
ブリヂストンさんには失礼ですが(御気の毒ですが)、削除しておきます。



posted by sports777 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!