■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年05月21日

東北人魂を持つJ選手の会

■ソース(2011.05.19) 
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00119118.html
■概略
東北六県出身の現役Jリーガーが、有志団体「東北人魂を持つJ選手の会」
(略称:東北人魂)を設立。この有志団体は法人格を持たない任意団体であり、
東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方におけるサッカー復興のため、
東北サッカー協会及び東北各県のサッカー協会の活動へ寄与を目的とし、
各選手の所属クラブ、日本サッカー協会及びJリーグと連携しながら活動。


【正式名称】 東北人魂を持つJ選手の会
【略称】    東北人魂
【発起人】  柴崎 岳(鹿島アントラーズ所属、青森県)
        小笠原 満男(鹿島アントラーズ所属、岩手県)
        熊林 親吾(ザスパ草津、秋田県)
        今野 泰幸(FC東京所属、宮城県)
        秋葉 勝(モンテディオ山形、山形県)
        茂木 弘人(ヴィッセル神戸、福島県)
【活動内容】東北サッカー協会「東北サッカー未来募金」のPR活動
        東北サッカー協会「東北サッカー支援物資センター」のサポート活動
        東北地方でのサッカーイベントへの有志メンバー派遣
        チャリティーオークション実施
        その他、所属クラブ、日本サッカー協会及びJリーグと連携した貢献活動
【活動期間】現状の形では、震災後1年間に限定

■「東北サッカー未来募金」について
東北六県のサッカー協会による任意団体「東北サッカー協会」が開設した
被災したサッカーファミリー支援及びサッカー復興活動の為の義援金口座。
「東北サッカー未来募金」
  義援金口座
  東北サッカー協会義援金口座代表
  社団法人宮城県サッカー協会
  七十七銀行利府支店 普通 5337623

■会員選手リスト(5月18日時点)
氏名/出身/生年月日/年齢/所属クラブ
柴崎 岳/青森県/1992.5.28/18/鹿島
飯倉 大樹/青森県/1986.6.1/25/横浜FM
櫛引 政敏/青森県/1993.1.29/18/清水
小笠原 満男/岩手県/1979.4.5/32/鹿島
林 勇介/岩手県/1990.1.23/21/草津
熊林 親吾/秋田県/1981.6.23/29/草津
下田 光平/秋田県/1989.4.8/22/FC東京
青山 隼/宮城県/1988.1.3/23/浦和
芳賀 博信/宮城県/1982.12.21/28/札幌
佐々木 勇人/宮城県/1982.11.29/28/G大阪
今野 泰幸/宮城県/1983.1.25/28/FC東京
萬代 宏樹/宮城県/1986.2.19/25/草津
丹野 研太/宮城県/1986.8.30/24/C大阪
東 浩史/宮城県/1987.5.15/24/愛媛
遠藤 康/宮城県/1988.4.7/23/鹿島
奥山 泰裕/宮城県/1985.11.21/25/鳥取
大久保 剛志/宮城県/1986.6.14/24/仙台
秋葉 勝/山形県/1984.2.19/27/山形
菅井 直樹/山形県/1984.9.21/26/仙台
渡部 博文/山形県/1987.7.7/23/栃木
土居 聖真/山形県/1992.5.21/18/鹿島
茂木 弘人/福島県/1984.3.4/27/神戸
高萩 洋次郎/福島県/1986.8.2/24/広島
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東日本大震災に向けた活動体がまた1つ増えました。
ただ、これまで立ち上がったものとは少し異なり、
直接被災した東北の出身選手が自ら団体を先導している点が大事。
頑張って下さい。
(いや、既に頑張っているのだから、頑張って下さいというのは失礼か、
 期待しています)




posted by sports777 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!