■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年05月17日

いよいよ2012年から世界最高峰EVレース開始

■ソース
http://response.jp/article/2011/05/17/156429.html
■概略
南アフリカ本拠フォーミュレック(FORMULEC)社は、
2012年〜EVフォーミュラレース「フォーミュレック・ワールドシリーズ」を開催。

このEVフォーミュラレース使用マシンは、
同社が2010年秋のパリモーターショーで初公開した『EF1』。
F1マシンと同じく、シングルシーターのフォーミュラマシンで、
強力なモーターにより、0-96km/h加速3秒以内、最高速240km/h以上。
同社発表によると、フランスFCI社のスポンサードを受け、
フォーミュレック・ワールドシリーズを開催。2012年から、年間10戦を計画。
さらに同社は2014年から、他社参入にも門戸を開放。
F1のような世界最高峰のEVフォーミュラレースへの発展構想を描いている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お〜、いよいよ始まります。
EVフォーミュラ・レース。



2050年、ガソリンレースは消え、EVレースonlyとなる(と思う・・・)。
いや、もっと早いかも?
その序章が始まった。
爆音が無いのは本当に寂しい。
しかし、これがモータースポーツの未来なのかもしれない。
であれば、割り切って、それを先行で追求した方がいいのかもしれない・・・

避けられるなら避けたいけど、
時代の流れには逆らえない。
石油枯渇、CO2課題等を配慮すれば、確実にガソリンレースは消える方向。
重量バランスからマシン挙動も変わるだろうし、空力も変わってくるのかも。
見た目が同じでも別物マシンになる・・・

爆音・バックファイアー等が大好きな者として、ガソリンレースが消えるのは
非常に寂しいのだが、もう先に進むしかない。
新たなファン開発も必要になるし、
モータースポーツの未来を占う舞台が始まる・・・


posted by sports777 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!