■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年04月04日

広告露出効果をスポンサーサイドから一時休止

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20110404-OHT1T00030.htm
■概略
ユニホームから“東電”消えた!原発影響で自粛…F東京
FC東京は3日、慈善試合に、ユニホーム背部の「TEPCO」(東京電力)の文字を
布で覆い隠して臨んだ。
東京電力は主要株主でユニホームスポンサーだが、福島第1原発の事故で
広告を自粛する意向がクラブ側に伝えられていた。
すでにクラブハウス看板も撤去し、ホーム公式戦でもピッチ看板は置かない予定。

先方から『当面、広告供出は控えて欲しい』と連絡があった。関係する供出は
すべて自粛ということだった」とFC東京・社長。先週、東京電力側から要請だった。
ただ現状では、スポンサー契約等に変更はないという。
小平グラウンド看板も撤去し、公式サイトのスポンサー一覧からも名前を消している。
東京電力は99年クラブ創設時からのユニホームスポンサーであり、5%弱の株式を
持つ主要株主のひとつ。だが、3月11日の震災後に福島第1原発で事故が起こり、
事前の安全設計のずさんさや事故後の対応のまずさに対し、批判が集まっている。
東電への苦情や脅迫が頻発しており、都内の社員寮や関連施設の表札は、
テープで「東京電力」の文字を隠しているのが現状。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーシップにおいて、スポンサーサイドから広告露出取り下げというケース。
不祥事・事故・事件等の、協賛金を出す側のネガティブ要因は、
契約書に従って対処するしかない。
協賛金を受ける側にネガティブ要因が発生した場合は、
出す側からの協賛取り下げや賠償の問題に発展する。
(スポンサーシップは、出す側と受ける側は、50:50の関係が基本)

今回の件は、クラブもファンも、受け止め方が難しいと思うが、
ちょっと状況を見守るしかないですよね。

posted by sports777 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!