■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年03月04日

スポンサーシップ・アクティベーション

■ソース
http://www.junkstage.com/shinsuke/?p=13
■概略
スポンサーとスポーツイベントはお互い必要不可欠な関係ですが、
大金を払ってまでスポンサーをする効果はどれほどのものなのか?
スポンサー料以上の物を、スポンサー企業は得ているのか?

ポンサー権料を払うと、看板を出せたり、ロゴを使えたり、
「スポンサーしている」と表現出来たりする権利を付与されます。
スポンサー権を最大限活用しているとは言えません。

スポンサー権料を払うメリットは、権利を最大限利用して
自社プロモーションしない事には中々感じる事が出来ないかもしれません。
ただ看板を出すだけでなく、ロゴや名前を使える権利を得たのだから、
それを使わないと。

しかし、スポンサー権料以外に、プロモーション費用がさらにかかります。
ただでさえスポンサー権料に莫大なお金を投資しているのですから、
さらにその権利を活用したプロモーションとなると、なかなか難しいのも事実。

そして、スポンサー権を活用してプロモーションを行える体力はあるものの、
様々な他の権利に縛られるがゆえ、権利を活かせない。
なんて事も起きてしまうのが、権利ビジネスでもあるスポーツビジネスの世界。

スポンサーとは、スポンサードしてからのアクティベーションがとても大事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント欄がないので、URL出典を入れてピックアップさせて頂きます。

当ブログでも、スポンサーシップ・アクティベーションの推奨をしているのですが、
プロよりもアマ選手が注目すべきですね。
USAがアクティベーション常識という傾向が進む中、
日本国内競技も時間の問題で、同じ道を行くでしょうね。
何故なら、
スポーツ=リーチという概念が変わってきていますし。
リーチをかけただけではモノは売れない。
これは、スポーツだけではなく、全業種で問われている事です。

これまで、プロスポーツが胸にロゴを貼って、広告露出効果で協賛金を得てきました。
それを真似て、アマ選手も、それがスポンサーシップと誤解してきました。
企業が求めているのは、広告露出では無く、広告露出した後のベネフィット。
ここを間違えると、スポンサーシップの基盤が揺らぎます。

そもそも、テレビに出ない選手には、テレビのようなドでかいリーチは期待できない。
そうなると、企業スポンサーを取りにくい。
だから、お涙頂戴の寄付金依頼に走る。
非常に悪循環。
アマ選手は、リーチが無い分、アクティベーションで企業に貢献すれば、
スポンサーシップが見えてくる。

posted by sports777 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!