■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年01月21日

2月に2度目の企業説明会、JOCアスリート雇用支援

■ソース
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110118/oth11011818550201-n1.htm
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011011800731
■概略
日本オリンピック委員会(JOC)が昨秋に本格化させた選手の雇用支援
プロジェクト「アスナビ」が、2月25日に2度目の企業説明会を行う。
18日の理事会で報告された。
東京商工会議所で企業の経営者ら約150人に呼び掛ける。
第1回は昨年10月に経済同友会の協力で行われた。
これまでに、第一三共入社が決まった競泳男子の古賀淳也をはじめ3選手
の就職先が見つかった。荒木田裕子理事は「特に冬季競技で所属先がなくて
困っている選手が多い。全国展開できれば、かなりの雇用が創出できると思う」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アスナビ.jpg

年収3〜500万の一般社員と同等の雇用であれば、
確かにこの不況下でも元気な黒字企業の余剰金で、
エイヤッと鶴の一声でOKを出す中小企業が無いとは限らない。
雇用契約内容が、
昼間は他社員同様に働くのか、それとも、所属という表現のみで、
働く必要な無いのか、この辺りでも反応が変わってくると思いますが。

企業のCSRプライオリティや、社長の思考の影響が大きいですが、
本来の雇用とは、企業利益を生みだす人材を社員に抱えるもの。
仮に、働かなくてもいいよ・・・というケースであれば、
広告効果やCSR寄与が、その年収分、見積もりできないといけない。

スポーツだから、恩情で、、、というのであれば、それは危険である。
寄付と同じで、業績が悪ければ着られる可能性が高いから。
売上貢献という、いわば協賛と同等の考え方で採用しなければ、
最初は広がっても、右肩上がりは無理。
だからこそ、アスリート達には、
自らの社会価値・広告価値・CSR価値を徹底的に習得してもらってから、
企業交渉に入るのが通常。
まあ、その辺りはクリアしていると思いますが、
この就職難の時代に、通常の企業面接であればどんな訴求を
すれば内定を獲得できるのか、選手は事前の対策をしてほしいですよね。
少なくとも、
一般求職者よりも、有利な環境を得られるのだから。
そこでは、熱意・根性では無く、
一般求職者同様に、まず相手企業調査をして、どう貢献できるのか、
それがベースであり、更にアスリートとしてのメリットを述べるべき。


前回の10月14日・経済同友会(43社参加+報道リーチ)→3人決定。
今回の02月25日・東京商工会議所(約150人)で何人の結果が出るか?

これから大きく広がるかな?
頑張って下さい。


posted by sports777 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!