■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年01月11日

プリウス派生戦略とレース界

デトロイトショーで、TOYOTAプリウスV(ワゴン)と、プリウスCが発表。
http://www.autoblog.com/2011/01/10/toyota-prius-v-detroit-2011/

http://www.autoblog.com/2011/01/10/toyota-prius-c-concept-detroit-2011/

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110111-00000010-nnn-int

prius-v.jpgprius-c-concept.jpg

デザイン的には鼻先が現行と違いますが、この派生戦略には注目しています。
ハイブリッド車の展開がどうなるのか、
USAでのプリウス事件を巻き返せるのか?
ハイブリットを超えた、電気や燃料電池車へのシフトが始まるのか?
モータースポーツにも影響してきますよね。

レース界は、まだまだCO2や石油枯渇への対応を考えなくても良い聖域?
メーカーに依存していればいい?
ではなくて、
レーサー達が何かしらのアクションを起こすきっかけというか、
時代情勢や社会の流れを読むのにも、プリウスの動きは参考になります。

USAで、事件を背景としたNOを突きつけられるのか、
再び、ハイブリット攻勢の象徴となるのか、
次の時代に移るのか・・・・

モータースポーツ界がメーカーを動かす位の気持ちで、動いてほしいです。
じゃなきゃ、
少子化・環境保護・不況の波に、モータースポーツは潰されてしまう・・・
レース界はもっと動いてほしい。
現場の選手に考えてもらい、動いてもらいたい。




個人的には、V8以上の爆音がたまらないですがね・・・
こういう小さい車種に、ドでかいV8を詰め込むスワップでのレースなど、
ずっと続いてほしいと願っているのですが・・・
爆音の無いレースなんてレースじゃない!と思う派であるのは間違いないですが、
それでも、時代に合わせた思考を持たないとね・・・

近未来、電気自動車レースが当たり前になった時、
それしか見た事がない世代が、ガソリン車の爆音を聞いたら、
どう思うだろう?

100年後、そういう時代が必ず来る・・・
posted by sports777 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!