■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年01月06日

後援会の延長上にスポンサーがいる

http://kazuyuki.jugem.jp/
(2011.01.03 Monday 14:24)
総合格闘技・宮田和幸選手のDynamiteスポンサー企業が列記されています。

スポンサー紹介に、このように一言添えるのはいいですねえ。
親近感が伝わります。
堅く真面目な紹介でなければいけないという決まりはありません。
宮田選手との関係が近い事がすぐにわかり、
ファンも、肩を張らずにスッと認知できる。

・・・・と、ここで宮田選手のスポンサー列記を見て、
ブログ読者のスポンサー獲得を狙うアマ選手は、何か気付きましたよね?

宮田選手程のテレビ露出がある選手でも、
大手上場企業を主に頼る事無く、中小企業を主に集めておられます。
しかも、ブログ表現上から、かなり近い関係・・・
つまり、Dynamite用に飛込み営業をかけたのではなく、
普段から御付き合いのある応援者に依頼した事と思います。

形になってなくとも、明らかに後援会・ファンクラブの延長上にある法人と思われます。
普段からの付き合い(応援する・される)が、
大会時などに動いてくれる・・・

先日も、ある選手と話した所、
過去、コネが無いので、飛込み営業で100社以上回ってゼロでしたと聞きました。
そして色々伝えた結果、
個人ファンを大切にする事は企業スポンサー獲得に通じている事がわかったと。

普段からの信頼関係があるからこそ、
イザという時にサポートしてもらえる関係が構築しやすい。

故に、常に自分への応援者の基盤を作り、
ファン・コミュニケーションを行なって信頼関係を作り、
その延長上に、キチンとしたスポンサーメリットを提示すれば、
スポンサー獲得率はいやが上にでも上がります。
(コネ無し=信頼関係なし、PUsh型=プロフィール売り=スポンサーメリット無し・・・
 では、スポンサー獲得率が低いのは、すぐに想像がつきますよね)

宮田選手、次回参戦時はもっともっとスポンサーが付くのではないでしょうか。
K-1 MAX以降、お会いしていませんが、
今、波に乗っているので、頑張ってほしいです。
地元で呑みましょう!


・・・・・・・・
1点、注意。
リアル後援会やファンクラブを作るのって、結構パワーと時間と金が掛かります。
誰が事務局運営?チラシ制作は誰?誰が営業?どこの銀行に振り込んでもらう?
このような壁に当たります。
営業センスのある選手なら、全て自分でやってしまう・・・という選手もいます。
(私が知っている中で、そういった選手は数人程度かな)
又、家族が率先してくれるケースもあります。
ただ、どうしても最初は選手自ら動かなくてはならないという壁に、
構築できていない選手が多いという現実。
そういう選手は、オンライン後援会のアスリートエールを活用して下さい。



posted by sports777 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!