■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年01月05日

相模原ライズから学ぶ、事業収入と協賛収入

■ソース
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20110105k0000e050036000c.html
■概略
アメフト社会人Xリーグで先月、08年限りで解散したオンワード元選手らで
構成される相模原ライズが1部昇格を決めた。

石井代表によると、リーグ加盟費用は2部で年間約200万円だったのが、
1部では約1000万円。チーム運営費も今季から1000万円増の5000万円になる。
だが、相模原は世界同時不況によるスポンサー撤退でオンワードが解散となった
経験から「スポンサー企業に頼らない自主運営」を貫く方針。
チーム運営するNPOはスポーツジムなども経営している。
「スポンサーに支援拡大を求める一方、チームで様々な方法で『稼げる』態勢を築き、
連続で日本一を目指せるチームにしたい」と石井代表。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、黄色ラインの文章は、頼もしい限りです。

スポーツテーマ以外のいわゆるNPOは、日本の場合、
寄付収入や助成金に依存するケースが多い。
事業収入で運営できているNPOは、NPO施行以降、まだまだ少ないと言えるはず。
(アメリカのNPOは、NPOはボランティア団体ではないという意識があり、
 事業収入を目指し、それをベースとする思考が日本に比べてできている。
 国内では、いまだに、NPOはボランティア的に見る人も多く、
 会費・寄付・助成金・補助金を主と考える組織が多い。)

ライズさんは、ジム経営を含めて、「様々な手法」で事業収入で回して行こうと判断
されているようなので、頑張ってほしいですね。

日本では、総合型地域スポーツクラブという言葉が今後増えて行くと思いますし、
その手本に、バルサのソシオ・モデルが挙げられる事が多いのですが、
バルサが昨年末、
100年以上も守り続けてきた「ユニフォームにスポンサー企業名を付けない」という
伝統が破られた
背景には財政難があり、
じゃあ、ソシオ・モデルでは回らないんじゃない?と突っ込みが入ってしまう。

企業スポンサー無しで、ファン会費のみでスポーツクラブが回るのであれば、
それはそれは良い事であるし、追求しなくてはならない。
ただ、その辺は、ライズさんも、現場視点でシビアに見ているはず。
事業収入メインの自主運営を目指していると同時に、
スポンサーも要しているはずだから・・・
(それは、大口・中口・小口の違いだけで、企業スポンサーに近似する法人会員は
 やはり必要ですよね)

頑張れ、ライズ!

posted by sports777 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!