■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月29日

JOC、ロンドン五輪の金メダル目標15個

■ソース(産経2010.12.22
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/101222/oth1012221934009-n1.htm
■概略
日本オリンピック委員会(JOC)の塚原光男・選手強化副本部長は
22日の選手強化担当理事会で、2012年ロンドン五輪の金メダル獲得
目標総数を15個と語った。
JOCでは広州アジア大会後、文部科学省がメダル獲得有望種目を支援する
「マルチサポート事業」の対象20種目について、個別ヒアリングを実施。
その結果、金メダル獲得目標総数は約20になったが、塚原副本部長は
金メダル15個は取りたい。
可能性のある種目、アスリートを絞って戦略的にサポートしたい」と話した。
また、アジア大会の位置づけについて検討、ベストメンバーで臨む方針を確認。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マルチサポート事業

夏(計16競技):7月発表:陸上、水泳(競泳・シンクロ)、体操(体操・トランポリン)、
               レスリング、セーリング、自転車、フェンシング、柔道、
               カヌー、アーチェリー、トライアスロン
         8月追加:サッカー女子、バドミントン、卓球
冬(計2競技):7月発表:スケート(スピード・フィギア)
計18競技

上記記事に20競技(種目)と記載していますが、18競技では?
どなたか御存知の方は教えて下さい。

posted by sports777 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!