■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月22日

スーパーマルトセ・VIP・パリスヒルトン RacingTeam始動

■ソース
http://media.yucasee.jp/posts/index/5896
http://www.motogp.com/ja/news/2010/Hilton+presents+125cc+team+in+Madrid
■概略
米セレブタレント、パリス・ヒルトンさん(29)が、「MotoGP」の125CCに
チームオーナーとして参戦、スペインのマドリードで記者会見。
チームの公式HPによると、
チーム名称は「スーパーマルトセ・VIP・パリス・ヒルトン」で、来季参戦。
パリスさんはスポンサー獲得のために、セレブぶりを発揮したのだという。
景気はモトGPにも影響を与えており、日本のカワサキは参戦休止、
俳優アントニオ・バンデラスさんもチーム参戦したが、1シーズンで撤退。
年間で数十億円は参戦費用が必要。
それだけに「お騒がせ」はある意味で大歓迎で、話題性や集客力、
さらにはスポンサー獲得などで力を発揮するだろう。
来季全18戦のうち、パリスさんもいくつかのレースで顔を見せる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

パリスヒルトン.jpgパリス・ヒルトン.jpg

ついに正式記者会見をしたようです。
(これで本当の話になりました。MotoGPサイトにも掲載されているし)

パリス公式サイトにはまだ出ていませんが・・・
しかし、チームの公式サイトができていました・・・
http://www.supermartxe.com/parishilton/
恐るべし、パリスヒルトンの2輪ワールド・・・
Supermartxeのプロモーションとはいえ、凄過ぎる・・・
(2輪チームサイトは左です・・・)

SuperMartXé VIP Paris Hilton Racing Team
こりゃまた凄いチーム名・・・

「Supermartxe VIP Party」の様子は、コチラにありました。
ライダーがオマケのようになっている・・・
MotoGP、なめんなよ・・・と言いたいところですが、
MotoGPと言えどもスポンサー獲得が大変になっている状況ですから、
「歓迎」ですよね・・・

BQRが母体となるブルセンス‐STXとコラボレーション。
BQR、超マニアックなチームと思っていたら、
この手もやるんですね・・・
ブルーのBQRブルセンスに、ピンクは合わないような・・・

125ccからスタートするのが、少し謙虚に思えます。
BQRがメカニカルで、優秀なライダーを起用するからには、
話題性だけでなく、戦績TOPを獲ってもらい、
上のカテゴリーを脅かすカテゴリーUPもしてもらいたいですね。
パリスの話題性で、更にスポンサーが付くのでしょうねえ。

名誉の為にも、2人のライダーの名を、
Sergio Gadea
Maverick Viñales
posted by sports777 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!