■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月19日

テニス世界チーム選手権、スポンサー獲得できず中止

■ソース
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/sports/JAPAN-186193.html
■概略
男子テニスの国別対抗戦、世界チーム選手権の2011年大会は、
主要スポンサーを獲得できなかったことから中止。大会主催者が13日明らかに。
同大会の初開催は1978年。過去にはピート・サンプラス、ジョン・マッケンロー
(ともに米国)やボリス・ベッカー(ドイツ)といった一流選手が出場したが、
近年はトップクラスの選手は出場していない。
ことしの決勝ではアルゼンチンが米国を対戦成績2─1で下し、優勝した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふ〜む、、、なるほど。

上記から外れますが、

国内プロテニス事情は、
常に世界順位を意識したり、国内外ポイントを稼いだり、
腕の小さな広告枠を所属契約で獲得したり、、、、
他競技と比較して独特と言える点もありますが、
先週も、テニス界の傾向と対策を情報収集してきました。

他競技に比べて恵まれた点もありますし、
ここを改善すべきという点も、選手目線で見えてきました。
マネジメントシステムや資金調達のベーシック化や、
トレーニング方法や・・・

Uさん、少しずつ、選手サポートサービスを考えましょう。

posted by sports777 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!