■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月17日

FC琉球、観客減に危機感でシンポ

■ソース
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-16_12874/
■概略
JFLFC琉球は15日、那覇のホテルで「未来を考えるシンポジウム」を行い、
クラブを地域に根付かせるための意見交換を行った。
会ではJ1・アルビレックス新潟の取締役が市民クラブとして成功事例を講演。
町内会の回覧板で観戦を呼び掛けるなどの工夫を紹介し、サポーターや
スポンサーを含め「みんながクラブの当事者になる仕掛けづくりが必要」と強調。

FC琉球の榊原信行代表を交えたディスカッションでは、観客減少について
フロアから「選手と子どもの関わりが少なく、距離が遠くなっている」とする感想や、
児童福祉施設の関係者からは試合への招待に感謝する言葉もあった。
榊原代表は「2、3年のスパンで見る気力はもうない」と危機感を示し、
「来季は県出身選手を入れることで、県民に分かりやすい形で思いを伝えたい」
と話した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トルシエ総監督などで話題を生んだFC琉球は注目しています。
琉球スポーツキングダム時代の野口代表のコンセプトも注目していましたし、
今の、元DSE代表の榊原氏が運営している事でも注目されます。

沖縄といえば、ハンドボールの琉球CORAZONも気になるし、
バレーボールの残波WINGSもチェックしています。

地域密着で、がんばれFC琉球。

posted by sports777 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!