■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月13日

東京マラソン追加枠、寄付10万円で先着順

■ソース
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201012130090.html
■概略
来年2月27日に開催される第5回東京マラソンで新設される
「チャリティーランナー枠」について、東京マラソン財団は10日、
10万円以上を同財団に寄付した先着1千人にフルマラソン参加資格を
与えると発表。
寄付金は、寄付した人の希望に応じ、(1)難病の子どもや家族の支援
(2)環境対策(3)難民キャンプ支援(4)障害者アスリート支援――の
各分野で活動するNPO法人などに提供される予定。
申し込みは15日午前10時〜来年1月6日午後5時、公式ウェブサイト
http://www.tokyo42195.org/)で受け付ける。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.tokyo42195.org/2011/tsunagu.html
凄いですね、プラス10万の特別枠?
イマイチ詳細不明ですが、
財団がNPOに寄付金をスルーする形?

協賛金ならば、プラス部分に特典をつけて、、、、となるが、
寄付金とのことなので、どうなんでしょうか。
特別ナンバーカード、特別Tシャツとなると、
寄付金はどこに行くのだろうかと心配になるが、
まあ、人気故のマラソンだから、
細かい事は抜きにして、ガンガン10万枠が集まるのでしょうね。
頑張って下さい。

寄付金と協賛金(まあ、ここでは参加費というべきか)は全くの別物。
ワールドピース・エコ・障害者・難民などのテーマへの
寄付金には大きな「気」が入っている。
(協賛金は「ビジネス」が入っている)
この2つの扱いは慎重にしなければならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記記事から外れるが、
アスリートエールは、アスリートは協賛金を得る事で、
プロ意識やファンコミュニケーションを同時に習得してほしいという
願いを込めている。又、現実的に持続可能な資金調達としては、
あえて難しいスポンサーシップを選択すべきだと。
その上で、寄付金を集めるいくつかの機関と協議した事があります。
スポーツにおいて、協賛金と寄付金の同居を模索した訳です。
しかし、最終的には、人の「気」が入っているものをビジネス化できないと
判断して、それは実行しませんでした。

アスリートエールは、アスリートの協賛金獲得にこだわる。
それは、アスリートに競技以外の所で成長・向上してほしい願いがあるから。
その要因は、まさしく、プロ意識やファンコミュニケーション。
それが企業スポンサーシップに繋がる原点だから。
資金調達に必須な能力を、アマチュア選手に早い段階で習得してほしい、、、
それはスポーツ界全体の資金調達にも影響する。

特にアマチュア選手に、スポーツスポンサーシップをもっと普及させたい。
それには協賛(スポンサーシップ)をもっともっと極めて頂きたい・・・
という強い願いを込めています。
posted by sports777 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!