■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年11月07日

闘い続ける理由

■ソース
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/101027/oth1010270748000-n1.htm
■概略
このごろ、スポーツ選手の身の処し方を考えることが多い。

かつて、名選手たちは自ら「体力の限界」を感じた時、引退を選んだ。
長嶋茂雄千代の富士・・・。潔さこそ一流と呼ばれるプロスポーツ選手の美学だった。
彼らには、ぶざまな姿を観衆の前でさらすのはもうしわけないという
プロ意識やアスリートとしてのプライドがあったように思う。
しかし、最近は一変してしまった。たとえば、工藤公康(47)。
西武から戦力外通告を受けたが現役続行を表明。韓国や台湾に渡る事になっても。
サッカー中山雅史(43)が磐田から戦力外通告されて2部の札幌に移った。
功なり名遂げた名選手達なのに、彼らはなぜボロボロになるまでプレーし続けるのか。
ひとつの理由に、受け皿の広がりがある。
レベルを下げても、海外や下部組織といった続行の「場」が提供される時代になった。
トレーニング技術の進化が、選手寿命を延ばしている、という点も見逃せまい。
われわれマスコミも、遠因かもしれない。
だが、あえてつらい道を選ぶ理由は、きっとほかにあるはずだ。
「ウチからボクシングを取ったら、何も残らん」
かつて、プロボクシング世界王者の辰吉丈一郎(40)から発せられたこの言葉。
「うらやましいなあ。打ち込めるものがあって」
競技に「自分を懸ける」という純粋な気持ちが人の心を動かす。
それもまた、プロのひとつのあり方だということを教えてくれたボクサーは、
もう一度リングに立つ日を、いまも夢見ている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アスリートそれぞれの考え方でしょうが、
確かに昔と違って社会の受け入れ環境が変わってきた点はあるのかも。


posted by sports777 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!