■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年09月15日

スポンサー企業に頼らない、画期的な新大会?

■ソース
http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/p-sp-tp1-20100908-675750.html
■概略
市民手作りプロトーナメント男子ゴルフ初
日本男子ゴルフ界初となる地域・市民参加型のプロトーナメント「とおとうみ浜松オープン」
(主催・合同会社ボランタリートーナメント浜松)の設立会見が7日、浜松市で行われた。
これまでの企業スポンサーの出資に頼った冠大会形式ではなく、
市民ボランティアによる企画・運営と、チケット販売収益だけで、
賞金総額1億円の
男子プロツアーのトーナメントを来年5月第3週に開催する。

経済情勢やスポンサー企業の業績に頼らない、画期的な新大会が誕生する。
とおとうみ浜松オープンは「みんなでつくるゴルフトーナメント」を合言葉に、
来年に市制100周年を迎える浜松市の経済界の重鎮が中心となって開催を構想。
日本ゴルフツアー機構と選手会が完全協力する形で実現にこぎ着けた。
「大企業の冠トーナメントじゃありません。官民一体のチケット販売だけが原資」。
異色の大会には、付加価値を増す為のアイデアとイベントが満載。
 ・7日間の「特別前売り通し券」を日本ツアー史上最高額2万1000円(子供無料)で販売。
 ・2日間の練習日とプロアマ戦も観戦可能
 ・通常は禁止されている写真撮影もプロアマ戦までの3日間はOK。
 ・チケット購入者や販売支援者から抽選で、選手や著名人のプロアマ戦や前夜祭に招待。
「トーナメントのチケットをプラチナに変えたい。2万5000枚を売るつもり」。
選手側も新たな試みを歓迎。現在、賞金ランク1位の石川遼もビデオメッセージで
「僕も参加して盛り上げたい」と、早くも出場を約束していた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要注目。
これがもし成功したら、他競技でも応用が利きます。

posted by sports777 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!