■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年08月29日

ルノー、新たに銀行2行とパートナーシップ契約

■ソース
http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=28826
■概略
ルノーF1チームは、26日、新たに金融機関とパートナーシップを結んだことを発表、
ベルギーGPからマシンにロゴが飾られることになった。
ルノーは、大手民間銀行グループのEFGインターナショナルと、
2010年シーズン末までのパートナーシップ契約を結んだ。
また、リトアニアのリテールバンク、SNORAS銀行とのスポンサー契約も発表している。
“EFG Bank”および“SNORAS”のロゴは今週末のベルギーGPから
ルノーR30のサイドポッドに入れられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外案件・・・当ブログは国内アマチュア選手への有益情報を流したいので、
上記は管轄外。
しかしながらm何故、お堅い銀行がF1に投資するのかを考えて頂きたい。
単純な広告露出効果だろうか?

F1の企画書を日本で見る人は限られている。
クライアントはナショナルクラスが主ですし、
扱う企業も名立たる企業さんだ。

今やF1なら、企画書なんてペーパーレベルでは無い。
ガンガンの映像プレゼンで、会長・社長を攻める・・・・・

ただ、プロもアマもボーダーレス。
企業のニーズにいかに合わせるか。

F1やMotoGPの世界でさえ、これをやってこう儲かった等の企業経営情報を公開するのは稀。
そこを、企業名を出さないからアピールさせてくれと、権利隙間をぬってYESを言わせるしかない。

TOP選手のエージェント業は大変である。
そこをとやかくは言わない。
ただ、選手自身も、エージェントも一体にならないと、どんなにうまい話もまとまらない・・・・

うーん、細かい事はノーコメントだな。
頑張って下さい。

posted by sports777 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!