■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年08月22日

ラガーマンを黙らせる小粒センサの正体

■ソース
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100727/184545/
■概略
豆のような形をした物体。ラグビー試合でラガーマンのスパッツに入れて使う物。

実はこれ、ラグビー専用に開発されたセンサで,その名もズバリ「Rugby Sensor」。
試合中に15人の選手が装着すれば,各選手の一挙手一投足が0.01秒ごとに計測され、
Rugby Sensor内のフラッシュメモリーに記録される。 

あとは,記録されたデータを赤外線通信などで引き出し,専用パソコンで分析するだけ。
ラガーマンたちの試合中の働きぶりが“丸裸”になる。
3軸加速度センサ1個と、1軸ジャイロセンサ3個、2軸の方位センサ1個。
ラグビーとセンサの両方をよく知るアスリートセンサーだからこそ導き出された解。

2003年ワールドカップ、オーストラリアは宿敵イングランド代表に決勝戦で敗退。
チーム内では、もっと走れる選手を個々に分析し、作戦を練る必要性があった。

当時の手段は、試合中に撮影した映像を解析。全選手ではカメラ15台が必要で
「300万〜400万円のコストが掛かる」。そこで関係者から開発話が持ち込まれた。

価格は豆形センサ22個と専用ソフト搭載パソコン付きで300万円以下になる見込み。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

潟Aスリートセンサーさんがソフト開発、ラグビーセンサさんが設計なのかな?
モータースポーツでは、昔からデータロガーがあって、
今やレーシングカートでもGセンサー付きのステアリングがあるほど。
そういえば、他の競技では、あまり聞いた事がなかった。

ラグビーで普及すれば、全ての競技に広まるでしょうね。

posted by sports777 at 15:56| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の現役時代に開発されなくて良かった(-。-;
Posted by 岩切 at 2010年08月22日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!