■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年08月01日

有名スポーツ選手の手相に共通する特徴

■ソース
http://www.myspiritual.jp/2010/07/post-1799.html
■概略
有名スポーツ選手たちの手相を目にする機会を獲得。
先日「アディダス パフォーマンスセンター 渋谷」 に寄ったところ、
階段に有名スポーツ選手やモデルなどの手形が置いてあるのを発見。

手相もはっきりわかる手形を見ていたところ、多くのスポーツ人に共通点を見つけました。
サッカー岡田武史監督、宮本恒靖選手、ジネディーヌ・ジダン選手、
ビーチバレー浅尾美和選手、女子マラソン尾崎好美選手・・・・・
これらの一流アスリートの手相の一部が、同じ特徴を示している。
それは「知能線の末端がかなり下がっている」こと。
手相占いでは、一般的に知能線のたどり着く先が手のひらの上部か下部かで、
その人の思考の傾向を判断します。

簡単に言うと上部に伸びる人は現実的で論理的、合理性を重視するタイプ
下部に至る人は精神世界を重視し、想像力やアイディアに恵まれるタイプ
上記アスリートたちは、みな『月丘』と呼ばれる小指の下方の肉付きのよい部分、
その下部まで知能線が到達していたので、かなり精神性を大切にする傾向が強いと言える。
また、このタイプはお金儲けよりも夢や希望を追い求めると言われています。

論理性も重要に思えるスポーツの世界ですが、
第一線で活躍するにはそういった精神性、ひらめき、直観力が大切なのだなあと勝手に納得。
みなさんの知能線、末端はどちらに向かっていますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へえ、手相の世界は全くわからないですが、そうなのかあ・・・
ブログ読者のアマチュア選手も参考にしてみては?



posted by sports777 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!