■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年07月19日

大阪マラソン「虹」がキーワード

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20100719-OHO1T00103.htm
■概略
来秋・初開催「大阪マラソン」で、3万人のランナーや沿道観衆を色分けする、異例の試みが計画されている。

日本スポーツ産業学会(滝鼻卓雄会長=読売新聞グループ本社相談役、読売巨人軍オーナー)が
17日開かれ、講演会では大阪マラソンの特別報告が行われた。
橋下徹知事が発案し、準備が進む府民参加型イベントのキーワードは「虹」だった。

リストバンドやTシャツなどでランナーを7チームに分け、色ごとに水、環境、食などテーマを決め、スポンサー企業を募る。
100万人と想定される沿道の観衆も、各色を身につけてもらい、チーム対抗戦の要素を取り入れる。
「府民自らが大会を盛り上げて、単なるマラソンでなく『祭り』を目指したい」と開催準備委員会は説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、Social面からスポンサーを取りやすくなりますね。
大手企業はもちろん、小口を中小企業からも出してもらいやすい。
Dさん案かな?

地元のNPOを絡めて、一部、寄付金が回るようにすれば良いですね。
スポーツ*Socialが繋がっていきます。

ホワイトバンド的にはならないように。(今日のTVタックルで話題に出ていましたね。女子大生?が驚いていました)
地域密着で、地元企業、地元NPO、地元民でなるべく見えやすいタッグで固めてほしいですね。
まあ、規模が大きいからナショナルクラスにするのでしょうけど。



posted by sports777 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。