■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年07月09日

スポンサー撤退続出で大阪ビリケーンズ経営断念

■ソース
http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100708/bbl1007080130000-n1.htm
■概略
選手8人が野球賭博に関与して解雇された野球独立リーグのジャパン・フューチャーベースボールリーグの「大阪ゴールドビリケーンズ」が、メーンの森下仁丹など、賭博問題による相次ぐスポンサー撤退続出で資金難に陥り、球団経営を断念する方向で最終調整に入った。
今後、10月までリーグ戦を実施した場合、約2千万円かかる選手給与、遠征費などの経費が、現時点で400万円前後。 JFBLは今季、四国・九州アイランドリーグとの交流戦を行っており、大阪が撤退する場合は三重が試合を肩代わりする。ただ、今後の混乱を避けるため、15日ごろまでにJFBLから四国・九州ILへ、大阪球団の存続か撤退かの結論を伝えることになっていた。

プロ球団を経営断念した場合、アマのクラブチームとして存続、選手の三重への移籍などの案が挙がっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、きつい。
大口・中口と同時に、小口は集めていなかったのかな?
このような不祥事系の話に限らず、大口・中口・小口の組み合わせ資金調達は必須。

折角、独立リーグが全国に現れ始めたのに残念。
不祥事が発覚しなくても資金難な状況なのだから、こういう事件が起こってしまうと、
経営維持は非常にきつくなりますが、とにかく、
作るは簡単だが、維持が難しいという現実を、どの競技でも再考しないと。

スポーツ経営は、普通のビジネス経営のように簡単じゃないです。
(いや、普通のビジネスもそんなに簡単じゃないですが、それ以上に難しいという意味です)

posted by sports777 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!