■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月22日

W杯フランス、内紛にスポンサーも見切り

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20100621-OHT1T00287.htm
■概略
空中分解したフランス代表にスポンサーが見切りをつけた。
仏大手銀行クリディ・アグリコールは21日、「敗退しているだろう25日をもって、
リベリらが出演するテレビCMを中止する」と発表。
21日の午前練習は予定通り行われたが、
大手スーパー・カルフールなどスポンサー関係者は誰も立ち会わなかった。

20日練習前、スポンサー5社が見ている前で、主将DFエブラがコーチと口論。
その揚げ句、指揮官を侮辱したとされるFWアネルカ代表追放に、
選手が「チーム内の出来事が公表されたのは遺憾。処分にも反対」という声明文を出し、
練習をボイコット。イメージ悪化に拍車をかけた。
協会側は「受け入れられない振る舞い」と反論。
調整役のバレンティン・チームディレクターは「もう無理だ」と辞任。
仏紙フランス・ソワールは「もうレ・ブルー(代表の愛称)に何も期待しない」とバッサリ。
98年大会優勝の立役者ジダン氏も「大会期間中にふさわしくない行動」と非難している。
あまりの醜態にサルコジ大統領は20日、保健・スポーツ大臣の南ア滞在延長を許可。
ドメネク監督(58)、エブラ、エスカレット協会会長と会談し、関係修復を促すよう指示した。
1分け1敗で迎える22日の1次リーグA組第3戦南アフリカ戦。突破するには大勝が必要。
試合に臨むチーム状態になるかどうか。残された時間は短い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、大会期間中にねえ。
選手の気持ちもわからなくもないが、フランス国民の期待はどうなるの?
税金はどうなるの?

これが仮に日本代表なら、フランス以上の騒ぎになるだろうな・・・

アスリート・コンプラですね。



posted by sports777 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。