■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月18日

JOC、今年中に協賛企業を3社増目標

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20100617-OHT1T00275.htm
■概略
JOCは17日のマーケティング委員会で、2012年ロンドン五輪の強化費などに充てるため、
ことし中に新たに3社程度の協賛企業を獲得する方針をまとめた。

JOCはシンボルアスリート(SA)と呼ばれるトップ選手の肖像権使用に4年間で6億円支払う
最高位の「ゴールドパートナー」で7社、2億2000万円の「オフィシャルパートナー」で17社の
計24社と契約するが、27社程度に増やすことを目標に掲げている。
契約形態が異なった08年北京五輪のときは28社が協賛していた。

7月上旬に新たに3人とSA契約ができる見通しで、競泳男子の入江陵介らが有力候補。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頑張って下さい。
入江選手、入るんだろうなあ。

posted by sports777 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!