■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月18日

ダルビッシュ=1アウトごとに3万円

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000097-jij-spo
■概略
ダルビッシュ、口蹄疫被害の農家支援=1アウトごとに3万円
日本ハムは17日、ダルビッシュ有投手が口蹄(こうてい)疫の被害を受けている
宮崎県の畜産農家を支援する活動を行うと発表。
次回登板から、奪ったアウト一つにつき3万円を宮崎県共同募金会に寄付する。
ダルビッシュは妻紗栄子さんの実家がある宮崎県でオフの自主トレを行うなど、
同県との縁が深い。「何らかの形で力になりたいと思っていた。今まで以上に
モチベーションを高く保ち、できるだけ多くのアウトを取りたい」とコメントした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダル選手、Good!
Socialブランドの高いアスリートです。

プロ野球、Jリーグ、いや、他競技でも社会問題に取り組む選手がいますが、
アスリートのSocialブランド価値というモノサシを作り、
社会問題とスポーツを関連付けたものができればいいですね。

大阪のMさん、CSR系でやらないかな?やりましょうよ。

企業も、スポンサーシップを決める際、
そういう評価をモノサシに使うべき。
これは、スポーツ界にとっても良い事。

個人的に、スポーツ界は寄付を受けるのではなく、
寄付を作る側にポジショニングすべきと考える。
一方、寄付とは異なる協賛の世界は、スポーツ界はもっともっと突き詰めるべき。
posted by sports777 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!