■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月17日

ガレージ内のスポンサーロゴ掲載禁止?

■ソース
http://f1-gate.com/other/f1_7995.html
■概略
F1チームは、ガレージ内での広告ロゴを掲載する権利を失うかもしれない。
ガレージ内にチームスポンサーのロゴを掲載することは日常的となっているが、
先週F1チームの代表はAllsport Managementからの文書を受け取った。
Allsportは、トラックサイド広告を含めたF1の商業面を取り仕切る
バーニー・エクレストンと契約している企業。
GP Week によると、文書はAllsportが実はガレージ内に掲載される広告も
管理していることをF1チームに気づかせる内容だったとしている。
記事では、文書は2011年のためにより良いタイヤ計画をプッシュしている
F1チームに対してのバーニー・エクレストンの揺さぶりかもしれないとしている。

※バーニー・エクレストン=イギリス実業家
FOM(Formula One Management)、FOA(Formula One Administration)を
核とするF1運営組織のCEO

テレビ放映権をはじめとするF1の商業面を統括し、「世界三大スポーツイベント」の1つに育てた。
その多大な影響力からF1界の支配者とも呼ばれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おいおい、じゃあ今までは何だったのか。
F1運営で内部抗争の火種?揺さぶり?

そんな暇があったら、カテゴリー頂点という立場で、モータースポーツの未来を考えなさいって。
IOC、FIFAに続き、ビジネス化が悪いとは言いません。
(五輪はあくまでもアマチュアという原点に戻ってほしいけど)
しかし、4輪も2輪も、モータースポーツは、もっと違う所にパワーをかけるべき。

 


posted by sports777 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。