■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月17日

カメルーン戦でのSONY露出・換算額

■ソース
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=59614
■概略
ニホンモニター鰍フテレビスポーツ情報研究所は、サッカーW杯の日本vsカメルーン
(日本時間2010年6月14日深夜)におけるテレビ報道調査結果を発表。

◇調査結果
前半39分、本田圭祐が先制。カメルーンの猛攻に耐えた日本は勝ち点3を奪取。
この決勝点のゴールシーン。ボールから少し視点をずらしてみると・・・
ボールがゴールネットに触れた瞬間、ピッチを囲むLED看板が一斉に
オフィシャルパートナーの『SONY』にチェンジ。
ゴール裏は全ての文字が確認できる大きさで企業看板が画面に映し出されました。
試合結果を伝える翌日テレビ報道約17時間中、このゴールシーンでの『SONY』看板の
露出状況を集計した結果、43番組・603回で繰り返し放送され、総露出時間は10分45秒。
これは同時間CMスポット料金換算で1億5千万円に相当する値。
日本の東京地区で放送された1日分の報道番組という条件下でこの数値。
延べ263億人にも及ぶ世界中のテレビ視聴者がこのゴールシーンをきっかけに
『SONY』看板を目にするチャンスがあったことを考えれば、今回のLED表示のタイミングは
とてつもなく大きなスポンサー効果を生んだといえそうです。
◇調査概要
【調査項目】 2010FIFAワールドカップ日本代表初戦テレビ報道調査
【調査期間】 2010/6/15(火)終日放送分
【対象局】 NHK総合/日本テレビ/TBS/フジテレビ/テレビ朝日/テレビ東京(東京地区オンエア分)
【広告換算料金・算出方法】 報道のあった番組のネットワーク局をカウント、それぞれの
                  出稿データの放送時間帯における15秒CMスポット料金から算出。
                  ※NHKはNNN系列30局+FNS系列沖縄テレビ=計31局で換算
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに、あのタイミングは良かったですよね。
テレビ露出とは凄いものです。

インターネットが広まり、テレビが弱くなっているとは言え、
視聴率が高いテレビでの露出は、とてつもないものです。

ただ、広告露出効果の「効果」とは何かを考えないといけません。


posted by sports777 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。