■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月17日

大相撲賭博疑惑、スポンサー撤退か?

■ソース
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=312671
■概略

大相撲が力士・親方の野球賭博問題や暴力団観戦により揺れている。
懸賞金制度で、企業のイメージダウンにもつながるため、企業側も今後の対応を迫られそう。
大相撲幕内の取り組みに出すことができる1本6万円の懸賞は、             
出した日の入場者全員に配られる取組表に印刷され、取組直前に場内放送で読み上げる。  
大相撲はNHK全国放送の為、読み上げられればテレビ宣伝効果も期待できる。         
しかし、ここ最近の大相撲は不祥事が続いており、
最多の懸賞金を出し、最大手スポンサーが、ここ数年は1場所200本の懸賞をかける永谷園。
和風商品を主力とする為、「大相撲は同じ和のイメージを持つので応援したい」との理由。
だが、不祥事が続いたことで状況は一変。
すでに「撤退などすべての選択肢を含め対応を検討している」と。
結論は名古屋場所(7月11日初日)開始までに出す予定。
森永製菓・日本マクドナルド・明治乳業など懸賞が多い他企業も早急な対応を迫られそうだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アスリート・コンプライアンス。
スポンサーシップと直結しています。

近年では、タイガーウッズが大きな事例に挙がりますが、
アスリートには、色々な意味で危機意識を持ってほしいですね。



posted by sports777 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。