■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年05月28日

bjリーグ・ファイブアローズ存続

■ソース
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20100528ddlk37050574000c.html
■概略
チーム存続が決まったbjリーグの高松ファイブアローズ。
27日、庄司和広主将(36)らが会見を開き、安堵の表情を見せた。
運営会社が14日に破産手続き開始を申し立てた後、
いったんは解雇された従業員ら3人がスポンサー探しに奔走、
bjリーグが示した期限ぎりぎりにスポンサー収入のめどをつけた。

高松市の携帯電話販売会社など十数社が計5000万円の出資を約束。
高松市などから、体育館使用料など負債の支払期限延期の承諾も得た。
しかし、安定的な経営には、課題が残る。来季計画は、運営費は年間1億3000万円。
うち6000万円をスポンサー収入で賄い、チケット収入は4000万円を見込む。
しかし今季のチケット収入は、リーグ最低の2400万円だった。
bjリーグの阿部達也リーグディレクターは、
1社依存の体質を改め「球団に携わる人の数を増やしていくことが重要」と指摘した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お〜、良かったですね。
10社として、1社500万
3人で、短期間で計5000万を引っ張るのは大変な事です。
素晴らしい。

存続署名8500人思い届く/ファイブアローズ来季参戦
bjリーグのアローズは存続 10社が5000万円拠出
bj高松、存続決まる 破産申請取り下げ
posted by sports777 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!