■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年05月25日

レッドブル、将来ネーミングライツ販売?

■ソース
http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=27095
■概略
レッドブルのボス、ディートリッヒ・マテシッツが、同社は将来、自身のF1チーム、
レッドブル・レーシングのネーミングライツ販売を検討するかもしれないと述べた。
レッドブル・レーシングは、スペインとモナコで連勝を果たし、2010年F1において
現在コンストラクターズランキングでトップ、ドライバーズランキングでは1、2位を独占。
しかしマテシッツは、レッドブル社が負担しているコストを減らすために、
今後ネーミングライツを販売する可能性もあると示唆した。
「レッドブル・レーシングがひとつの確立したチームとして認識され次第、タイトル
スポンサー契約が可能になるだろう」と彼はサンデー・エクスプレスに対してコメント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言葉通りなら、ネーミングで協賛を引っ張るという事は、資金難への懸念?
調子が良く、価値が上がった故のビジネス?
レッドブルはレッドブルであってほしいなあ。

posted by sports777 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!