■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年05月14日

F1系、スポンサー獲得の遅れ

■ソース
http://response.jp/article/2010/05/14/140391.html
■概略
メルセデスGP、ドイツポストのスポンサード獲得
メルセデスGPは新たなスポンサーとしてドイチェポストと契約したことを発表。
ドイチェポストはヨーロッパで最大の郵便サービスを誇る企業であり、ドイツ国内でも
郵送宅配便サービスの最大手。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://f1express.cnc.ne.jp/f1/release/index.php?cat_id=165&teiko_id=225118&top_flg=0&fr=right
■概略
ペーター・ザウバー、エミル・フレイAGと再契約
ペーター・ザウバーは、ザウバーチーム創設初期に、長年にわたり契約していた
エミル・フレイAGとのパートナーシップを復活。
この契約により、スイスの大手自動車グループが再びヒンウィルがベースの
F1レーシングチームをサポートすることになる。エミル・フレイAGとは3年間の契約を
結んでおり、そのサポートはすぐさま効果が表れるだろう。エミル・フレイAGのロゴは、
今週末のモナコGPより、ザウバーのレースカーに張られることになる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=26829
■概略
ルノーF1、中国の太陽光発電メーカーとスポンサー契約
ルノーF1チームは中国企業のトリナソーラー社と新たにパートナーシップ契約。
中国に本社を構えるトリナソーラーは、太陽光発電に用いられる高品質モジュールの
製造から発電システムの組み立てまでを行うパイオニア的メーカー。今回の提携により
同社ロゴがR30ノーズサイドに貼られることほか、チームパドックやモーターホーム、
VIPが訪れるホスピタリティなどに同社の製品が展示されるという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

F1界でも、スポンサー獲りに遅れが出ていますが、
大口ドカンというよりも、中口・小口でもたくさん・・・・という傾向が、
今後増えるでしょうね。
競技に関係なく、世界的な傾向になりますね、経済が下向けば下向く程に。
posted by sports777 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!