■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年04月24日

カヌープロジェクト、スポンサー探し

■ソース
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100424dde041070005000c.html
■概略
米国ハワイ島に住みながら海岸などの自然を未来の子供たちに残す活動を続けている
菅原真樹さん(46)が一時帰国して、自然保護やカヌープロジェクトへの協力を訴えた。
甲子園の兵庫県西宮市で育ち、小さいときからハワイの海辺で仕事をするのが夢だった。
16年前に移住しダイビングのインストラクターを始めた。
プラスチック製品をのみ込んで死ぬアホウドリ、海岸に漂着する大量のごみ……。
その現実を見せつけられ、自然保護活動に力を入れ始めた。
そして、日本への期待は高まる。
「ハワイ島南部はごみを埋め立てる穴だらけ。プラスチックごみを油に戻す日本企業の
優れた技術を活用すれば、ごみ問題はかなり解決できる」
海だけでなく、自費で森を買い上げ、保存する活動にも取り組む。
来年はカヌーでハワイを出発し、日本へ向かうカヌープロジェクトを敢行する。
「行く先々で自然を後世に残す大切さを語り合っていきたい」。
いまは、そのスポンサー探しに忙しい。
・・・・・・・・・・・・・・・

冒険系スポーツへのスポンサーシップとも言えます。
環境ネタなので、メディアは乗りやすいはず。
そこから企業スポンサーも開発できるのではないでしょうか。
頑張って下さい。


posted by sports777 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!