■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年04月03日

不況下の企業支援、スポーツアスリート採用

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20100401-OYT8T01187.htm
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1270017029
■概略
不況の中、働きながらスポーツ界で上を目指そうという選手を応援する県内企業もある。
県内外の飲食店経営「KUURAKU GROUP」は昨年5月「スポーツアスリート採用」導入。
入社式には同枠第1号=サッカー・J2のジェフ千葉の下部組織リザーブズの3選手の姿。

安川洋介(26)、宮内亨(23)、高田健吾(20)の3選手。
チーム練習は午前のため、午後2時〜同11時、同社が経営する飲食店で働く。
準社員として入社するが、福利厚生は正社員並みの待遇。
合宿や遠征に合わせ、長期休暇の取得も可能と、配慮ある職場環境だ。

JFLで戦うジェフ千葉リザーブズはトップ予備軍で、登録29選手は無報酬アマチュア。
球団は試合や練習の場を用意するだけで、スパイク購入費などすべて自己負担。

3選手は「安定した給与をもらいながら、サッカーを続けられるのは助かる」と感謝する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セカンドキャリアも大変な状況ですが、
上記記事は、現役選手の収入サポートシステム。
このような企業がもっと増えていけばいいのですが。

KUURAKU GROUPさん、いいですね。
こういう事は、必ずブランディングに繋がります。
いえ、販促にも繋がるはずですから、3選手を色々な意味で育成してあげてほしいですね。
3選手もTOPに這い上がってほしい。
頑張って下さい。

posted by sports777 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!