■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年04月03日

JFBL開幕

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20100403-OYT8T00209.htm
■概略
関西・東海地区のプロ野球独立リーグ「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ
(JFBL)は3日、「三重スリーアローズ」と「大阪ゴールドビリケーンズ」との対戦で開幕。
アローズは昨年、県内初のプロ球団として発足。大阪は昨年発足しながら運営難だった
関西独立リーグから脱退し、再出発を期している。

公式戦は10月上旬までの計54試合。JFBLは2チームしかないため、大阪との24試合
に加え、四国・九州アイランドリーグ(IL)所属の5チームとも6試合ずつ行う。
アローズは大阪より勝率が高い場合、三つの独立リーグ覇者を決める「グランドチャンピオン
シップ」に進出。

アローズ保有選手は24人。
報酬はJFBL規定で月額10〜40万円で、契約は2〜10月の9か月間。オフは無給で、
地元のスポンサー企業に期間限定でアルバイト。
選手たちはNPBのセ・パ両リーグの球団入りを夢見て、試合での活躍を期している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選手にはきつい条件ですが、
好きな事がやれると前向きに頑張ってほしいですね。
そうか、JFBLはまだ2チームか。
うーん、速く対処を。



posted by sports777 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!