■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月31日

C大阪・bj大阪のスポンサーがマルチ商法

■ソース
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100330098.html
■概略
虚偽説明でビジネス教材を販売する連鎖販売取引(マルチ商法)をしたとして、
京都、大阪、兵庫3府県は30日、教材販売会社「インフィニットクリエーション」に
特定商取引法に基づき31日から9カ月間の業務停止を命じた。
同社は男子プロバスケットボールbjリーグの大阪エヴェッサとサッカーJリーグの
セレッソ大阪のスポンサーで、運営するインターネットサイト「えある」の広告を両チームの
ホームページに出している。
大阪府などは、同社がプロチームの知名度を会員獲得に利用したとみている。
大阪府などによると、同社の会員は知人に50万〜70万円で教材購入を勧誘。
収入を得られる保証がないのに「1人紹介すると3万円の収入になる」「何もしなくても金が
入る」などと説明した。
支払い能力のない大学生や若い会社員には消費者金融を紹介し、金を借りさせて代金を
支払わせていた。昨年10月までに解約分を除き延べ900件余りの契約が結ばれた。
3府県には同社について計139件の相談が寄せられていたという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサー企業が選手やチームを監査するのと同様に、
選手やチームも、企業をチェックしなければなりません。
金をもらえるならどこでもいいという発想はダメ。

以前、漢字検定絡みで、Fポンチーム(スーパーGTだったかな?)が不正資金を
受けていたとの報道があり、その時も上記のような事を書きました。
コメントでは、財団程の機関なのだから、悪さをしているなんて、
チーム側はわからないだろ・・・とのコメントが入っていたのを覚えていますが、
それは、有り得ないですね。
普通に考えれば、その時点で噂や裏情報は入ってくるものです。
それは、受け取った方も悪い・・・という事になります。
お互いに気をつけないと。

若者に人気のあるスポーツ・チームを利用するとは、
いつの時代も、不正をやる人達は、よく考えますよね。


posted by sports777 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。