■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月19日

フェラーリのスポンサー、既に巨額の広告効果を得る

■ソース
http://topnews.jp/2010/03/17/news/f1/teams/ferrari/11567.html
■概略

F1スポンサーのサンタンデールはすでに、この冬と2010年シーズン開幕戦で
約31億円の価値を得たとスペインのメディアが報じている。
サンタンデールは今年からフェラーリのメインスポンサーで、年間49億円の契約

市場情報グループのソフレスの情報によると、昨年のマクラーレンへの投資で
サンタンデールが得た価値は、2009年シーズン全体で約99億円のみだったという。

15日には、ドイツ国内テレビ視聴者が倍増し、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の
母国スペインでもテレビ視聴者が増加したことが明らかになっている。
スペインでは、『La Sexta(ラ・セスタ)』の生中継を平均して560万人が視聴し、
占有率はドイツと同様に50%だったとのことだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり、恐るべしF1。
やはり、恐るべしフェラーリ。
やはり、恐るべし、ヨーロッパのモータースポーツのメディア効果。
ドイツ、スペインは、MotoGPの方でも、相当な視聴率を取っていますし。

半端じゃありません、この数値。

サンタンデールって、スペインの銀行でしたよね。
三井住友さん、みずほさん、三菱東京UFJさん、りそなさん、イーバンクさん、
ジャパンネットさ、、ゆうちょさん、、、、、
どこでも良いので、日本のモータースポーツに協賛を!
いや、日本人ドライバーで良いので。



posted by sports777 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。