■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月19日

スポンサーメリットとメディア露出とアマ選手

先日、株式会社ニホンモニターさんへ伺い、
スポーツ・スポンサーシップのメディア露出効果に関して、御教授頂きました。

プロ野球、Jリーグ等のプロスポーツにおける、
スポンサー企業ロゴマークの露出解析等、非常に細かく研究されていて、
大手上場企業の協賛額に対する、広告露出効果(時間・面積・位置等)を、
テレビのSPOT CM販売額に換算して、
投資効果を調査するものです。

F1、MotoGP等の企画書で見かける各国のメディア詳細データ等の元データを、
ニホンモニターさん等の解析・研究・コンサル会社が作られているのですね。
さすがにトップスポーツへの大型協賛となると、
クライアントへの報告もリサーチ・ミスは許されず、
画像解析等の先端技術に、更に人の目視によるプラス作業で、
膨大なデータを追跡されていました。

地方戦クラスのアマチュア選手の場合、
地上波キー局で露出される事は、ほぼ期待できないのですが、
ニホンモニターさんは、スポーツの底辺に寄与する意思を持たれており、
何かしらのアマ選手向けサポートビジネスモデルができないか、模索されております。

草レベルのアマ選手ですと、テレビを使った「空中戦」は期待できなくても、
ネット・mixi・twitter等の口コミ系の「地上戦」は可能です。
mixi・twitterは無理としても、
今後、ネットの世界でアマ選手のメディア露出効果を追跡して頂く事は有り得ます。
IPを追えるラジオ等にも期待が掛かります。

現時点でのアマチュア選手が作るスポンサーメリットは、
どうしてもメディア露出以外で組み立てる事が主となりますから、
マスメディア解析とは交わりにくいのですが、
先端技術を持った企業さんが、アマの世界に降りてきてくれれば、
何かしら、
アマ選手サイドに立ったスポンサーメリット作りに変革が起きるかもしれません。

私自身、草レベルのアマ選手の代弁者として、
よりアマチュア界にも注力頂きたい旨を伝えてきました。
(こちらでも、アマ選手周辺の新たなビジネスモデルを考えます。
 そして、例のコンバージョンの件、できれば御一緒に仕掛けたいとも思います。)
ニホンモニターさん、ありがとうございました。
(今度は、Sports Excutive Networkの方で、スポーツ関連事業・経営者に対して、
 スポーツ・スポンサーシップの意義・現状・未来予測等を伝えて頂ければと思います)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニホンモニターさんとの出会いは、当ブログです。
http://istyle.seesaa.net/article/135304480.html
こちらをチェックして頂けたニホンモニターさんが、
より詳細情報を・・・という事で、御説明の機会をわざわざ御連絡頂けました。
(わざわざ、ありがとうございます)

実は、ニホンモニターさん以外の企業さんや団体からも、
当ブログを見て頂けた事で、わざわざ連絡を頂き、
実際に顔を合わせた打合せをしたケースが多数あります。
もちろん、アスリートも多数。
(アスリートのスポンサー獲得相談等、スタバで6時間以上というケースもありますし)

ブログは凄いわ。
たかが、スポーツビジネス1年生の自分なのに、
名のある方や、名のある企業さんまで、
時間と電話代を使って連絡を頂ける。
これ、凄い事です。
ネットが無い時代では考えられない事。
誰もが簡単に情報発信でき、周波数が合えば、見知らぬ人でも、
共通の関心事項で繋がれる。
しかも、プロフェッショナルに。

当ブログを見て頂けているアマ選手、
例え、草レベルの趣味クラスでも、メディアに追いかけられない地方戦選手でも、
戦績下位のキッズ&ジュニア選手でも、
自ら情報発信をする事は大事です。

情報波及されるのを待っていてはダメ。
自ら情報発信しなくては。
結果的にそれが、スポンサーメリットにも繋がるケースが多数あるのだから。
(真に喜ばれるスポンサーメリットを作る選手こそ、スポンサー獲得に最も近い)

Get ! Sports Sponsor !!!




posted by sports777 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。