■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月13日

高齢者の1万歩に1円

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20100312-OYT8T00749.htm
■概略
県は新年度、65歳以上の高齢者が歩いた歩数をポイントに積算し、たまったポイントを
お金に換算して緑化活動に寄付する「ウオーキングマイレージ」を導入。
高齢者に小学校や通学路の周辺を中心に歩いてもらい、不審者の監視を強めるのが狙いで、
健康増進、防犯、環境保全の“一石三鳥”を目指すという。
県によると、県内の小学校3校をモデル校に指定して試験的に実施。校区内の地域住民や
自治体職員、教職員らで検討委員会を設け、地域の高齢者に参加を呼びかける。
参加者は歩数の計測を一定期間続け、自己申告。県は1万歩を1円に換算し、その額を
各校の緑化活動費として寄付。県は新年度、運営費を含めて約55万円を予算化し、全
体で500人以上の参加を見込む。
翌年度以降は、参加者にウオーキング時、スポンサー名や広告を入れた腕章などを着用
してもらい、地元企業や事業所から協賛金を募って寄付金を支払うことを検討している。
同課は「高齢者と学校、地域のつながりが深まるほか、企業も環境や地域に貢献する
イメージをPRできる」と期待している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツ話題ではないですが、
上記は面白いですね。

コンセプトがあって、目標の元にアクション案が出てきた連動性が見えます。

スポーツも、流れのある、ロジカルかつ楽しい仕組み作りが必要。

環境、キッズ教育、高齢者対策、医療費削減など、
やはり、スポーツの生きて行く道にはSocialテーマが必要になるのでしょう。
posted by sports777 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!