■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月09日

金池の総合型地域スポーツクラブ拠点

■ソース
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_126809642474.html
■概略
大分市金池小校区の総合型地域スポーツクラブ「ひしのみクラブ」の活動拠点となる
クラブハウスが上野ケ丘中学校敷地内に完成。開所式が現地であり、クラブ役員ら
約15人が「活動を盛んにする弾みになる」と喜んだ。クラブは2007年3月に設立。
これまで独立した拠点がなく、必要に応じて会議室などを借りていた。広報や会計など
施設設置には、クラブ会員や役員から集まった募金を活用。2月中旬に市から土地使用の
許可が出て設置。独立したクラブハウスを持つのは、市内のクラブでは4クラブ目。
現在、同クラブには、ヨガ・社交ダンス・英会話など12教室があり、同小学校体育館や
同中学校の武道場などで活動している。会員は約180人。

<ポイント>総合型地域スポーツクラブ
地域住民が主体となって設立・運営し、誰もがいつでも気軽に楽しめるスポーツや文化
活動をしている。大分市内には現在、6クラブある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレハブ掘っ立て小屋(失礼)からスタート。いいですね。
総合型地域スポーツクラブというと、どうしてもサッカーやバスケ等の
人気あるスポーツクラブを連想しますが、文化活動も含むのですよね。
(まあ、このクラブも、スポーツをもっと取りいれてくるでしょうけど)

国も総合型地域スポーツクラブは推奨していて、
会費収入で回して行く運営モデルが全国で見直されていますが、
Jもbjも、比較的、大きな所からスタートして、大きく展開しようとしますが、
ゼロスタートの小さなモデルにも注目してほしいですね。
資金調達の原点が見えやすいから。

総合型地域スポーツクラブを名乗る大きなクラブは、
実際は企業協賛金が無ければ回せない。
でも、本来の総合型地域スポーツクラブとは?という点に、
小さなクラブが答えてくれるのでは?
企業協賛金が無くても回していきますからね。
スリム&コンパクトが、全てとは言わないですが、
企業協賛金との関係を再考する機会になるのではないでしょうか。

posted by sports777 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!