■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年03月09日

スーパーGT、フジTVで地上波放送・特番

■ソース
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20100308_353522.html
■概略

SUPER GT TV放送の変更
昨シーズンまでのSUPER GT地上波放送・テレビ東京系「激走GT」は3月末で終了。
今シーズンはフジテレビ特番として、基本的にはレース開催から1週間後の週末の
深夜時間帯に90分枠で放送される。深夜放送には意見があるとしながらも、これまでの
放送時間帯にはなかった若年層の視聴者が多く、新規ファン層の開拓に期待している。
特番扱いの為、放送曜日や時間帯は不定期で、現在確定している第3戦までは・・・

ラウンドレース日放送日時
第1戦鈴鹿3月21日、22日3月24日26時〜
第2戦岡山4月3日、4日4月11日26時10分〜
第3戦富士5月1日、2日5月8日10時40分〜

又、地上波・放送局の変更により、BS放送もBS日テレからBSフジへと変更される。
こちらも原則として、1週間後の放送で時間枠は115分。地上波がダイジェスト的に
編集が加えられるのに対し、BSではシンプルにレース映像を展開するものになる。
CSは従来どおり、ライブ放送のJスポーツプラスを含め、Jスポーツで放送される。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうか、特番で8chか、
少しは波及力が増すかな。
国内4輪モータースポーツの人気が落ちる中で、
これも1つの対策となるでしょうが、
頑張ってほしいですね。

そうか、今、板東さんがGTA代表なのか。知りませんでした。
スーパーGTも経営面で色々あったから、救世主としてのポジションなのかな。
板東さんと言えば、土屋圭一氏のドリフトだな(若い人は知らないかな?)。
RACING PROJECT BANDOH

元記事にはDTMとの統合的な事が書かれていますが、
これ、基本は賛成です。
スーパーGTも面白いけど、市販車ベースをもっと強調してもいいのでは?
メーカーも更に支援しやすくなるし。
まあ、市販車を皮を被った別物とは言え、親近感が高いですし。
DTMとどうにか合流して、世界戦的なものを作って、
メーカー戦争でもやって盛り上げてほしい。
(プライベーターには辛くなるか・・・)
まあ、賛否あるでしょうから、方法論は何でもいいので、
とにかく、盛り上げてファン層を拡大して、
モータースポーツ活性に少しでも近づけないと。

但し、環境の壁、若年層の壁、少子化の壁、メディアの壁・・・・
モータースポーツは、競技自体だけの話ではないので、
多角的な仕掛けで頑張ってほしいですね。

posted by sports777 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!